お願い 詳しくはこちら

【最新】ホームジムを作るならコレがおすすめ【ラック・ベンチ・バーベル・プレート・マット・ジャッキ】

2020 5/12
アオクマのアイコン画像アオクマ
こんにちはアオクマ(@bluezzly.power)です。

はじめにホームジムの記事を書いてから月日が経ち、トレーニング器具にも変化がありました。

そこでこのページでは最新の情報をもとにどの器具を購入するのがベストか改めて考えてみました。

超厳選に厳選を重ねた結果なのでぜひ参考にしてみて下さい。

※過去の記事も一応手直しはしています

目次

購入する器具一覧

アオクマのアイコン画像アオクマ
私がおすすめする器具は以下の通りです。
ラック ROGUE「ハーフラック」
ベンチ ROGUE「モンスターユーティリティーベンチ2.0スタンダードパッド」
バーベルシャフト ROGUE「ステンレスオハイオパワーバー」
プレート GYMWAY「薄型トレーニングバンパープレート」
ベーベルジャッキ ONI「バーベルジャッキ」
マット SLDS「ラバーチップマット」
ホームジムに必需品3つ(パワーラック、ベンチ、バーベル)ホームジムに絶対に置くべきトレーニング器具

ROGUE「ハーフラック」

ハーフラック
参考 ROGUE「ハーフラック」MBC POWER

ラックにはパワーラックやコンボラックもあるが、ホームジムには間違いなくハーフラックが一番おすすめ。

パワーラックだと安全性は高いが圧迫感があるのと、デッドリフトを行うときにバーベルをラックから出すのが大変というデメリットがある。

コンボラックは、価格が滅茶苦茶高いのと、ベンチの着脱が大変というデメリットがある。

そう考えるとホームジムにはハーフラックがベスト。

そしてハーフラックの中でも特におすすめなのがROGUE「ハーフラック」。

アメリカでも大人気のROGUE製品で品質も間違いないし、様々なアタッチメントが用意されており拡張性も抜群で後から色々オプションを追加できる。

セーフティーも長いし、プレートホルダーもあるしカッコいいので非の打ち所がない。

コスパを求めるなら武器屋.comさんのONIハーフラックも検討したい。

またMBCさんが開発中のハーフラックも要チェック。

パワーラック【パワーラックの選び方】ホームジム【おすすめ】 パワーラック・ハーフラック・コンボラックを片っ端から一言評価【随時更新】

ROGUE「モンスターユーティリティーベンチ2.0スタンダードパッド」

参考 ROGUE「モンスターユーティリティーベンチ2.0スタンダードパッド」MBC POWER

今まで中々良いベンチが見つからなかった。

特に問題となるのが足元の形状。

ベンチの脚の形状

足元がベンチプレスのときに邪魔になる形状になっているものがほとんどだった。

しかしこの度ROGUEより足元の形状が邪魔にならないベンチが発売された。

それがROGUE「モンスターユーティリティーベンチ2.0スタンダードパッド」。

足元側の土台の形状が横に広がっていないので、コンボラックやベンチプレス台と同様足元を気にせずにベンチプレスが可能になる。

しかもパワーリフティング公式ルールサイズ。

ありそうで無かったずっと求めていたベンチがこれだ。

トレーニングベンチイラスト【トレーニング用ベンチの選び方】ホームジム【おすすめ】

ROGUE「ステンレスオハイオパワーバー」

参考 ROGUE「ステンレスオハイオパワーバー」MBC POWER

私も愛用しているバーベルシャフト。

BIG3を中心にトレーニングしているホームトレーニーには断然こちらがおすすめ。

もっと高価なバーベルシャフトにエレイコ製のものがあるが、ホームジムにはこちらの方が良い。

エレイコの方が若干グリップ感は良いらしいが、その他の性能は大差なくしかも安い。

しかもステンレスなので錆びにくく耐久性が抜群に高い。

チョークなしでも滑りにくいし高重量でも撓りにくいのでとても満足している。

バーベルシャフト【バーベルシャフトの選び方】ホームジム用【おすすめ】 ローグステンレスオハイオパワーバーROGUEステンレスオハイオパワーバーレビュー【ホームジム用に選んだバーベルシャフト】

GYMWAY「薄型トレーニングバンパープレート」

参考 GYMWAY「薄型トレーニングバンパープレート」MBC POWER

プレートでおすすめしたいのがGYMWAYの「薄型トレーニングバンパープレート」。

まずホームジムでは、静音性がかなり重要なので、バンパープレートやゴムコーティングプレートが望ましい。

しかしそういったプレートは厚みがあり、高重量になったときにバーベルを撓らせたり装着し切れなかったりというデメリットがある。

その点こちらのGYMWAYのプレートはバンパープレートでありながら厚みを抑えて作られている。

しかも価格もバンパープレートとしては安いので、正にホームトレーニーに最適なプレートといえる。

バーベルプレート【バーベルプレートの選び方】ホームジム用【おすすめ】

ONI「バーベルジャッキ」

参考 ONI「バーベルジャッキ」武器屋.net

デッドリフトをやる人なら絶対にバーベルジャッキがあった方が便利。

特に高重量になると、プレートの付け外しでかなり体力を消耗するのでジャッキが欲しい。

しかしどこのメーカーもバーベルジャッキは異様に価格が高い。

数万円はザラで、ホームジムに導入するのは現実的ではない価格のものばかりだった。

しかし武器屋.netさんよりONI「バーベルジャッキ」が格安(税抜11,800円)で販売開始された。

これぐらいの価格であればホームトレーニーなど個人レベルでも購入可能。

デッドリフターはとっとと買った方がいいだろう。

SLDS「ラバーチップマット」

セルデスゴムマット

ホームジムの床材やマットについては様々な補強方法があるが、マットならこちらのSLDSが良さげ。

特に私のホームジムのように土間コンクリートならSLDSのマット1層だけで十分そうである。

もっと早く知りたかった。

ホームジム防音防振対策ホームジム床の補強、防音・防振対策

まとめ

アオクマのアイコン画像アオクマ

とりあえずホームジムで悩んでいる人がいたら、今回紹介した器具がおすすめです。

私がもう一度ホームジムを作るなら間違いなくこのセットにします。

ホームジムまとめ【ホームジムまとめ】床の補強~器具選びまで徹底解説 もう一度ホームジムを作り直すならもう一度ホームジムを作り直すなら購入する器具

もしも紹介した器具が売り切れていたら…

もしもこのページで紹介している器具が売り切れていたり、中々入荷せず購入できなかったらアメリカンバーベルもおすすめなのでチェックしてみて欲しい。

アメリカンバーベルアメリカンバーベルで作るホームジム

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • 下地 より:

    以前は、oni ハーフラックのことも記載されてあったと思いますが、現在はローグ一択ですか?

    • アオクマ より:

      ROGUEのハーフラックはオプションが豊富で拡張性が高いのが魅力だと思います。
      ただこれからはコロナウイルスの影響でしばらく手に入りにくそうです。

      ONIのハーフラックも価格の安さを考えるととても良いと思います。
      もしONIハーフラックにROGUEのパーツが使えるのであれば凄く良いと思いますがその辺は不明です。
      需要があればONIからも色々とオプションは増えるかもしれませんが、ONIハーフラックの基本性能で十分といえば十分な気もします。
      あとはONIはまだ発売から間もなく改良段階なのでもっと良くなるかもしれないので様子をみたいというのもあります。

      それとMBCパワーさんでもハーフラックを開発しているようでそちらもかなり期待しています。

下地 にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる