質問・相談・リクエストはこちら

もう一度ホームジムを作り直すなら購入する器具

もう一度ホームジムを作り直すなら

アオクマ

こんにちはアオクマ(@bluezzly)です。

私は2018年にホームジムを作成し、すでに一年近くトレーニングを行っています。

器具については色々と調べて選択し、買い揃えたため満足しています。

でも実際にトレーニングを続けていると「あっちの器具の方が良かったかな~」と思うことがあります。

そこで私がもう一度ホームジムを作るならどのような器具を購入するかを考えてみました。

パワーラック

もう一度ホームジムを作るとしてもラックを購入することに変わりはない。

現在使っているラックには満足しているが、いくつか使いにくいところはある。

現在使用しているラック

BULL「ベンチ&スクワットラック」

ブル公式ラックBULL「ベンチ&スクワットラック」レビュー【私がホームジム用に購入した公式台】

不便に感じていること

  • プレート収納がない
  • 価格が高かった

私が購入したBULL「ベンチ&スクワットラック」はパワーリフティングの公式台であるため、そもそもホームジム用ではない。※公式台をホームジム用に購入している人も多いが。

そのため、ホームジムではどうしても使いづらさがある。

プレートの収納がない

公式台なので無駄なプレート収納なんかは付いていない。

購入前は気にしていなかったが、やはり収納があった方が便利だと思う。

新しくプレートツリーを購入するとなるとお金も掛かる。それに他のラックはプレート収納付きもあるものも多いので良いなあと思ってしまう。

ちなみに現在のプレート収納方法はこちら。

現在のプレート収納方法

プレートの収納方法【ホームジム】

価格が高かった

公式のコンボラックは約50万円と滅茶苦茶高い。

そう考えると違うラックにしておけば別のところにもっとお金を掛けることができたと思う。

もちろん公式台はパワーリフターにとっては使い勝手や価格以上の価値があるのは確かだが。

もし次に購入するならONI鬼「ハーフラック」または「コンボラック」もしくはROGUE「ハーフラック」

ローグハーフラック
参考 ハーフラック武器屋.net 参考 ONI鬼コンボラック(プレートツリー有)武器屋.net

もしもう一度購入するならONI鬼「ハーフラック」か「コンボラック(プレートツリー有)」。

一番の魅力は何と言っても価格の安さ。

ハーフラックは約5万円ちょっとで、コンボラックも13万円ちょっと。

しかもサイズや性能は十分。

これからホームジムを作る人には断然コチラをおすすめする。

一番費用が掛かるラックでここまで費用を節約できるのは非常に大きい。

注意

ONIのラックはまだ販売が開始されたばかりで、品質等はまだはっきりと分かりません。

不具合があったらどんどん改善していくものとは考えられますが、不安な方は注意して下さい。

安さでいえばONI一択だが、拡張性の高さと信頼性でいうとROGUEの「ハーフラック」も捨てきれない。

資金に余裕がある人であればROGUEの「ハーフラック」を選べば間違いないだろう。

参考 ROGUE「ハーフラック」MBC POWER SHOP

ベンチ

現在使っているベンチはBULLのコンボラックに付いているもの。

これがちょっとした悩みの種になっている。

現在使用しているベンチ

BULL「ベンチ&スクワットラック」

ブル公式ラックBULL「ベンチ&スクワットラック」レビュー【私がホームジム用に購入した公式台】

不便に感じていること

  • ベンチの着脱が大変
  • ベンチのフレームが大きく邪魔になる

ベンチの着脱が大変

ラックとベンチががっちり連結されるため安定感は抜群だが、スクワット⇆ベンチプレスの移行は面倒。もう慣れたといえば慣れたが…

ベンチのフレームが大きく邪魔になる

ベンチをラックから外した後は、ラックと連結する部分のフレームが大きく邪魔になる。

私の5.25畳のホームジムではかなり窮屈になってしまう。

もし次に購入するならROGUE「フラットユーティリティーベンチ」

参考 ROGUE「フラットユーティリティーベンチ」MBC POWER SHOP

もう一度購入するならこちら。

パワーリフティング大会基準の設計。

足元の土台部分の形状は若干気になるが、小柄な私ならさほど影響しないだろう。

バーベルシャフト

バーベルシャフトは現在使用しているROGUE「ステンレスオハイオパワーバー」でとても満足しているのでもう一度購入するとしてもこれ。

ROGUE「ステンレスオハイオパワーバー」

ローグステンレスオハイオパワーバーROGUEステンレスオハイオパワーバーレビュー【ホームジム用に選んだバーベルシャフト】 参考 ROGUE「ステンレスオハイオパワーバー」MBC POWER SHOP

プレート

プレートは重量誤差と厚み等でスチールプレートを購入したが、今はちょっと考え方が変わっている。

現在使用しているプレート

BULL「パワーリフティングプレート」

ブルのプレートレビューBULL「パワーリフティングプレート」レビュー【ホームジム用に選んだプレート】

不便に感じていること

  • スチールプレートのため音が若干気になる
  • コーティングは剥がれる

スチールプレートのため音が若干気になる

今の所音で妻からトラブルや苦情等はないが、どうしても自分自身が気にしてしまう。

コーティングが剥がれる

スチールプレートだとどんなに丁寧に扱っていてもペイントコーティングが剥がれてしまう。

割と几帳面な私としては少し気になってしまう。

もし次に購入するならGYMWAY「トレーニングバンパープレート」

参考 GYMWAY「トレーニングバンパープレート」MBC POWER SHOP

次に購入するとしたらこちら。

バンパープレートであれば音も気にならないし、黒であれば傷とかもほとんど目立たないし気にならない。

バーベルシャフトに装着できる枚数・重量や、シャフトの撓りへの影響は気になる部分ではある。

しかし現在の私のレベルではまだ撓りを心配するような使用重量ではない。

レベルが上がってその辺が気になりだしたらちょっとずつスチールプレートを購入していくのが良かったのかなと思う。

ちなみにGYMWAYのバンパープレートは他社製品と比較して薄いのでそこもおすすめポイントだ。

まとめ

もう一度ホームジムを作るなら購入する器具は…
  • ラック:ONI鬼「ハーフラック」orONI鬼「コンボラック」orROGUE「ハーフラック」
  • ベンチ:ROGUE「フラットユーティリティーベンチ」
  • バーベルシャフト:ROGUE「ステンレスオハイオパワーバー」※そのまま
  • プレート:GYMWAY「トレーニングバンパープレート」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください