BLUEZZLYオリジナルTシャツはこちら

【パワーラックの選び方】ホームジム【おすすめ】

パワーラック

アオクマ

こんにちはアオクマ(@bluezzly)です。

ホームジムといえばパワーラックです。

でもパワーラックって沢山種類があって価格も安いものから高いものまで様々。

大きい買い物なので失敗したくないしどれを買えばいいかとても迷いますよね。

今回は私がホームジムを作る際に色々とパワーラックを比較検討した経験をもとに記事を書いてみました。

この記事の内容
  • ホームジムにパワーラックがおすすめな理由
  • パワーラックの選び方
  • おすすめのパワーラック

パワーラックとは

パワーラック

パワーラックはこちらのようなトレーニング器具で、ホームジムだけでなく普通のジムでも置いてある器具だ。

パワーラックだけで様々なトレーニングができるので色々なところで重宝されている。

パワーラックでできるトレーニング

  • スクワット
  • ベンチプレス
  • チンアップ(懸垂)
  • トップサイドデッドリフト
  • ディップス

パワーラックは拡張性も高くベンチとセットで使うことで他にもとても多くの種目が行える。

ホームジムに必需品3つ(パワーラック、ベンチ、バーベル)

ホームジムにパワーラックがおすすめな理由

ホームジムといえばパワーラックだ。

実際にホームジムを作る人の多くがパワーラックを使用している。

理由はパワーラック(とベンチ)さえあればベーシックなトレーニング種目が一通りできるからだ。

スペースと経済的な余裕があれば色々なマシンを沢山用意しても良いが、ほとんどの人がそれは現実的ではない。

となると、それだけで色々なトレーニング種目ができるパワーラックはホームジムにとって最適なのだ。

パワーラックは大きくてかなりスペースを取ってしまうので心配する人がいるかもしれないが、他の器具はベンチとバーベル程度で済むので全く問題にならない。

パワーラックはホームジムにおいて不動の主役と言えるだろう。

パワーラックの選び方・ポイント

  • 高さ
  • ラック内の幅
  • 高さ調節の幅
  • 強度(耐荷重量)
  • 安定性
  • 拡張性
  • 価格

「よしじゃあパワーラックを買おう!」と思って探してみると、種類の多さと価格差の激しさに驚くことだろう。

「同じ形にしか見えないけど一体何が違うんだ?」

「どれを買えばいいんだ?」

と悩むはず。

私自身はじめは結構混乱した。

でもポイントを押さえて選定していくと、消去法で残るパワーラックは限られてくる

高さ

パワーラックの高さ

どんなに良いパワーラックでも、部屋が小さい場合、物理的に設置できなことがある。

特に天井までの高さが問題になりやすい

の辺はしっかりと天井までの高さを測っておかなければならない。

一般的なパワーラックは大丈夫だが、ジム用の製品や海外製品だとまれに高さが高いものもあるので注意だ。

ラックの幅

パワーラックの幅

これは注意しないと大きな失敗に繋がる。

何も知らないでパワーラックを選ぶとついついコンパクトなものを選びがち。

しかし横幅が狭いと、ベンチプレスのときのグリップ幅が制限される

ワイドグリップでのベンチプレスをやりたい場合はできるだけ幅の広いものを選ばなくてはならない。

「俺はワイドグリップのベンチプレスなんてやらない」

という人もいるかもしれないが、いつ気が変わってやりたくなるか分からない。

後から後悔しないためにははじめから幅の広いパワーラックを買っておいた方が確実だ。

幅については「大は小を兼ねる」だ。

幅の広いパワーラックであればナローベンチだろうがワイドベンチだろうがどっちでもできる。

※ただし幅の広いパワーラックの場合は、バーベルシャフトも長い物にしなければならないので注意。ただ、バーベルも長い物がおすすめだ。

高さ調節の幅

パワーラックの高さ調節間隔

パワーラックにはバーベルを乗せるツメと潰れた時用のセーフティーがあり、それぞれ高さを調節できるようになっている。

しかし、どれぐらいの間隔で調節できるかはパワーラックによって違う

ものによっては感覚が広すぎて、自分にちょうど良い高さに調節できない場合もある。

良いパワーラックだとこの調節間隔がとても小刻みになっているので、自分にぴったりの高さに調節できる。

一方安物は調節穴の間隔が広いものが多く、トレーニングの際それがとてもストレスになる。

強度(耐荷重量)

パワーラックの耐荷重量

男性の場合、長くトレーニングしていると扱う重量が重くなってくる。

スクワットであれば100kgオーバーは当たり前。人によっては200kgオーバーも考えられる。

例えば200kgのスクワットで潰れてバーベルをパワーラックのセーフティーに落としたとしよう。

そうするとその衝撃は当然200kgを優に超える。

強度の低いパワーラックだと重量に耐えられず壊れてしまうかもしれない

パワーラックが壊れて自分の身体も押しつぶされる可能性もあるし、壁に穴が開いてしまう可能性もある。

最悪命に係わる可能性もあるのでとても怖い。

多くのパワーラックは耐荷重量が記載されている。選ぶ際は必ずオーバースペックかな?と思うぐらい強度が強いものを選ぶことをおすすめする

ちなみに安物は強度が低いものが多い。

女性であればそれでも事足りるかもしれないが、もし自分が凄く強くなったときは買い替えが必要になるので覚悟しておくべきだ。

安定性

パワーラックの安定性

パワーラックは大きいが、高重量バーベルを使う場合、普通に滑ったり傾いたり動いてしまうことがある

これは、パワーラック自体の重量と構造によって変わる。

まず重量自体が軽いとそれだけで動きやすい。

また、地面に接地する部分の幅が前後に狭い場合も動きやすい。

なにも知らないと、「コンパクトで軽い方が家に優しいし移動しやすいしいいな~」と思ってしまうかもしれないが確実に後で後悔する

そもそもパワーラックは一度設置したら基本移動することはない。

それにパワーラックはホームジム不動の主役。

部屋の大部分をパワーラックが占領するのは結構一般的なことだ。

だからパワーラックは重くてもいいし、幅が大きくても問題ないのだ。

※ただし極端に大きいジム向けのものは除く。

拡張性

パワーラックは、スクワットやベンチプレス以外にも様々なトレーニングができる。

例えばチンアップ(懸垂)。ラックの上の方がチンアップ用のバーになっているものも多い。

他にはディップスができるディップスバーが付いているものもある。

その他にも多種多様なアタッチメントが用意されているものもある。

この辺の拡張性はメーカーによって違うので要確認だ。

個人的にはスクワットとベンチプレス、チンアップができれば他の機能はそんなに要らないと思っている。

価格

どんなにハイスペックで完璧なパワーラックでもあまりにも高すぎると手が出せない。

高い物を購入して失敗したら最悪だ。

逆に安すぎるやつは強度面やサイズ面などで大きな欠点があったりすることが多い。

そういう意味でも価格である程度絞れる。

おすすめのパワーラック2選

ネットでパワーラックを検索すると色々なものが出てくると思うが、その中から消去法で残った2つをご紹介する。

他にも良いものはあるが、価格が40万を超えてくるため、ホームジムというよりも普通のジム用だし現実的ではない。

ただ今回挙げるパワーラック2つはどちらも本当におすすめできるものなので、迷っている人はこの中から選べば後悔することはないだろう。

POWERTEC(パワーテック)パワーラックWB-PR18

メリット・おすすめポイント

  • 丈夫(耐荷重量454kg)
  • 人差し指81㎝ラインのワイドグリップベンチプレス可
デメリット・注意点

  • バーベルラック(受け皿)が長く深くラックアップしにくい

性能・価格・デザイン共にバランスが良い

パワーテックのパワーラックは普通にジムとかでも使用しているところもあると思う。

こちらのパワーラックは、支柱の内側の幅も十分で人差し指81㎝ラインのワイドグリップベンチプレスが可能。これはパワーリフター等競技者にとっては嬉しいポイントだ。

欠点としてラックの受け皿が長く深いため、ベンチプレスのときにラックアップしにくい。ただ色々と工夫すれば問題なく使えるようだ。

パワーテック「パワーラックWB-PR18」

パワーラックパワーテック「パワーラックWB-PR18」を客観的に評価

ROGUE(ローグ)ハーフラックセット 全高183cmタイプ

ローグハーフラック

こちらはハーフラック。

MBC POWERさんのホームページで購入可能。

参考 ROGUE(ローグ)ハーフラックセット 全高183cmタイプMBC POWER SHOP
メリット・おすすめポイント
  • 人差し指81㎝ラインでのベンチプレス可
  • プレートホルダー付き
  • カッコいい
  • 丈夫(耐荷重量453.6kg以上)
  • コンパクト
デメリット・注意点
  • 入荷待ち

正直価格・性能面では非の打ち所がなく完璧と言っていい。

チンアップをするのに183㎝が低いということであれば、235㎝タイプのものも販売する予定らしいのでそちらをおすすめする。部屋に入ればだが。

私はパワーラックを購入しようとしたときにこれの存在を知らなかったので、別のものを購入した。しかし、今なら間違いなくこれを購入する。

それぐらい優れたパワーラックだ。

プレートホルダーにサイズ、耐荷重量、ルックスどれをとっても良くできているし、ホームジムには最適なラックだと思う。

唯一欠点を挙げるなら、入荷待ち状態になっていることが多いということだ。

購入したい人は予約やお取り置きもできるようなのでチェックしておいた方が良さそうだ。

参考 MBC POWER SHOP 厳選した海外製トレーニング用品やセミナー参加チケットを販売いたします。 MBC POWER SHOP

ホームジム用パワーラックの選び方まとめ

パワーラックの選び方は…
  • 商品が多くて迷うがポイントを抑えればかなり絞られる
  • ポイントはサイズ、耐荷重量、ラックやセーフティーの調節間隔、安定性、価格

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください