質問・相談・リクエストはこちら

ホームジム床の補強、防音・防振対策

ホームジム防音防振対策

アオクマ

こんにちはアオクマ(@bluezzly)です。
今回の記事ではホームジムを作る際に必要な床の補強(防音・防振対策)について解説します。

ホームジムの床の補強はなぜ必要か

  • 底が抜け防振
  • 防振・防音対策
  • 床の傷防止

そもそもホームジムに床の補強が必要ということを知らない人もいると思うので、解説しておく。

底抜け防振

まずこれが最も重要。

トレーニングで使う器具の重量が重くなる程、床の底抜けのリスクが出てくる

鉄筋コンクリートのマンションなどであれば心配ないかもしれない。

しかし木造アパートや木造住宅の場合は強度をよく調べておかないととても怖い。

場合によっては床の補強工事を検討してみた方が良いかもしれない。

床の耐荷重について
床が耐えられるのは1㎡あたり約180kgまでちなみに建築基準法によると住宅の床の積載荷重量は1,800N/㎡とされている。

※約180kg/㎡ つまり少なくとも床1m×1mあたり180kgまで荷重に耐えられるようになっている。

これだと、高重量の器具を置いたり、高重量の負荷でトレーニングをする際は注意しないとオーバーしてしまう。

しかも自分の体重も計算に入れないといけないので意外とオーバーする可能性が高い。

具体的な細かい計算や法律については他のサイトを確認してみて欲しい。

不安な場合は素人が自分で判断せずにプロに相談するべきだろう。

参考 建築基準法施行令 第85条 積載荷重 - 建築プレミアム建築基準法施行令

あと注意したいのが、単純な器具の重さだけで考えてはいけないということ。

デッドリフトとかでドスンと勢いよくバーベルを落としたら物理的に単純な重さ以上の荷重が床に掛かる。

氷の上に立って割れなくてもジャンプしたら割れるかもしれないということだ。

床が抜けたら大事故だし命にも関わる

そのため床の補強は超重要だ。決して疎かにしてはいけないしケチってもいけない。

ちなみに個人的には木造住宅・アパート2階とかでのホームジムは安全面・騒音面で大きな不安があるのでおすすめできない。

防音・防振対策

トレーニングで重い重量を扱っているとかなりの振動が起こる。

例えばダンベルやバーベルを床に置いた瞬間など「ドスンッ!」と建物全体にまで振動が伝わる

自分が気にならなくても、周りは絶対に気になる。特に夜寝ている時なんかは大迷惑。

そのため音や振動を抑えるために緩衝材が必要になる。

床の傷防止

トレーニングで使う器具は多くが重くて硬い金属だ。

硬いダンベルやバーベルを床の上に直に置こうものなら直ぐに傷だらけになる

そのため傷防止という意味でも補強が必要となる。

一般的なホームジムの床の補強方法

調べてみれば色々と床の補強方法が出てくるはずだ。

ここでは一般的な床の補強方法について解説する。

ジョイントマット1層構造

ジョイントマット一層構造

よくあるジョイントマットを敷き詰めるだけの方法。意外とこれだけで満足している人も多いが注意だ。

ものすごく軽い重量でしかトレーニングしない人であればそれで十分だが、高重量を使う人にはおすすめできない。

ジョイントマット1層構造では床の傷防止と軽度の防音・防振効果しか期待できない。

床の底抜け対策には全く効果を成さない。またジョイントマットだけだと滑りやすいものがほとんどなのでとても危険だ。

3層構造

ホームジム床の補強3層構造
  • 一層:ジョイントマット
  • 二層:合板
  • 三層:ゴムマットなど

最もおすすめな方法。

高重量を使う人はこれ一択。

一層(1番下)ジョイントマット

役割:防音・防振・床の傷防止

1番下にはジョイントマットなどクッション性の効くものを置く。

そうすることで床の傷を防止するだけでなく衝撃を吸収し防音・防振効果が期待できる。

ジョイントマットの選び方

ジョイントマットは基本的に一番下に敷くため隠れて見えないのでデザインは気にしなくても大丈夫。

あんまり薄っぺらいやつだとクッション性が低いため緩衝作用が弱くなるため、迷ったらある程度厚みのあるものを選ぶと間違いない。

あとは安ければ買いだ。

ここで紹介しているFIELDOORのトレーニング・エクササイズ用ジョイントマットは安くて人気。おそらくホームジムを作っている人の多くが使用している。※ちなみに私もこれを使用している

おすすめは厚さ2㎝のタイプ。

FIELDOOR トレーニング エクササイズ用ジョイントマット 【ブラック】 45×45×1.0cm 8枚セット 防音 キズ防止

二層(真ん中)合板

役割:床の底抜け防止

真ん中には大きめの木の合板を置く。

合板を置くことで、床に点で掛かっていた力を面に掛かるようにし、圧力を分散する。

合板の選び方

合板は大きいホームセンターに行けば売ってある。

いくつか注意点がある。

注意点①サイズは必要に応じてカットしてもらう

サイズが大きすぎると玄関を通らない可能性があるので事前に確認し、必要に応じカットしてもらうこと。※カットはホームセンターでやってもらえるが数十円~数百円別途料金が掛かる

ただし小さくカットし過ぎると圧力を分散する役割が果たせなくなってしまうので注意。大きいことに越したことはない。

注意点②安いからと言ってコンパネを選ばない

コンパネだとかなり安いが、薄っぺらくて後から板が反り返ってきて床がデコボコする

ホームセンターに置いてあるものを見れば分かるが薄いやつはかなり反り返っている。

できるだけ合板を選び、できるだけ厚いものを選んだ方が反り返り等も少ない

ちなみにホームセンターでは「ラワン合板」や「ラワンランバー」「シナランバー」など色々な名称で売ってある。

厚みについては大体18㎜、21㎜、24㎜、30㎜が置いてあり、当然厚くなるほど値段も上がる。

最低でも21㎜以上は欲しいところだ。

三層(1番上)ゴムマットなど

役割:滑り止め、防音・防振

一番上の層の一番の役割は滑り止めだ。

さすがに木の合板の上でそのままトレーニングしたらツルツル滑って危険。

しかも音もうるさくなりがち。

そのためゴムマット等を敷くのが一般的だ。

ゴムマットの選び方

この層のマットはできるだけ硬く、滑らないものにしなくてはならない

あんまり分厚くてクッション性が効きすぎてフカフカしていると、器具の跡が残ったり、トレーニングのときに沈み込んで足周りがグラグラして安定しない

ただ滑り止めが効いて硬いジョイントマットとなるとそれなりに高価になってくる。

また安くしたければ、防音効果は低くなるがカーペット等を張るという方法もある。パワーリフティング大会でもプラットフォームはカーペットで滑り止め効果も高い。

ホームジム床の補強に掛かる費用はおおよそ3万~8万円

  • ジョイントマット:1~2万円
  • 合板:1~3万円
  • ゴムマット:1~3万円

部屋の大きさやどこまでこだわるかにもよる。

今回は6畳前後の部屋を想定して考えている。

しかしまともに補強しようとすれば最低でもおおよそ3~8万円は掛かると思っておいた方が良い。

もちろん安く済ませようとすればもっと安く済ませることもできる。

しかし妥協して安く済ませると後から不具合が出てきたり、自分のレベルが上がって高重量を扱うようになってきたときに不安を感じるようになるはずだ。

そんなときにまたいちいち床を補強し直すのはとても大変。

それであれば最初から妥協せずにしっかりとやっておきたい。

ホームジム床補強まとめ

基本的にホームジムを作る場合は床の補強は必須と考えた方が良い。

経済的に余裕があればプラットフォームを購入するという手もある。ただし相当高い。

【\300\500\1000クーポン付与!11/16-11/22】【プラットフォーム】【受注生産品】BULL プラットフォーム BL-PF (代引き不可、送料実費)
created by Rinker

とにかく床の補強だけは決してケチらずしっかりと行うようにしたいところだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください