お願い 詳しくはこちら

ホームジムトレーニング2年経過報告【BIG3は目標の600kg到達】

2020 5/12
アオクマのアイコン画像アオクマ
こんにちはアオクマ(@bluezzly.power)です。

このページではホームジムを作成してから2年間トレーニングした結果をご報告します。

1年目と比べると成長は僅かでしたが、長年の目標も達成できたのでとても満足しています。

そしてまだ成長の可能性を感じているので今も気持ちは前向きです。

目次

ホームジムトレーニング2年目でのBIG3伸び具合

アオクマのアイコン画像アオクマ

BIG3の記録としては、当初の予定・予想とはかなり違った成長をしました。

1番の驚きは、1番伸び率が低そうなベンチプレスが伸びたことです。

ちなみに体重は大体70kg前後です。

スクワット

+2.5kg

207.5kg→210kg

正直スクワットはもうちょと伸びるかと思っていたが、実際はたったの+2.5kg。

だが、この1年でかなりプログラムの組みかたやフォームについての学習・理解が進み、多くの間違いに気付くことができたので、今後は伸びる気しかしない。

スクワット解説スクワット210kgを達成したときに意識していたことや考え方について解説

※上記の記事のときから更に意識などは修正している

ベンチプレス

+7.5kg

142.5kg→150kg

去年の時点でベンチプレスはまだ伸びる予感はしていたが、想像以上に伸びた。

しかもまだ伸びる余地がありそうなので楽しみ。

伸びた要因としては、フォーム・プログラムの細かい部分の修正・最適化ができたからだと思う。

ベンチプレスベンチプレス150kgを達成したときに意識していたことや考え方について解説

※ベンチプレスも上記記事から少し意識を変えている

デッドリフト

±0kg

240kg→240kg

残念ながらデッドリフトの記録は伸ばせなかった。

正直1番伸びるだろうと見込んでいただけに残念。

伸ばせなかった理由としては、3種目全部一緒に伸ばそうとして疲労管理が上手くいかなかったことが考えられる。

セットでは200kg×6レップスが楽にスッと挙げられたが、その後のピーキングでボリュームが多過ぎたのか疲労が抜けきらず更にはピークも過ぎてしまい失敗。

もう少しプログラム、特にピーキングのボリュームの調整が必要ということは分かったのでそこを調節して何とか今年は記録を伸ばしたい。

デッドリフトデッドリフト240kgを達成したときに意識していたことや考え方を解説

フォームについては以前よりまた少し変わって、記録は伸びなかったが240kgも以前より自信を持ってできるようになった気はする。

トータル

+10kg

590kg→600kg

とりあえず長年の目標としてきたトータル600kgを達成することができた。

たったの10kgしか伸びなかったし、失敗や反省点が多い1年だった。

しかし、それだけ悪い点や改善点が多く発見できた1年だったので、大分頭の中はクリアになってきている。

今まで色々曖昧だったことや、何となくやっていたこと、バラバラだった知識がどんどん繋がってきている感じがある。

ただそれでもまだまだ分からないことも多いが…

ホームジムトレーニング2年目の感想

2年目は、子どもが産まれて育児をしながらのトレーニングだった(現在も)。

子どもが産まれて本当にホームジムを作って良かったと思う。

正直子育てしながらジム通いなんて自分には不可能だ。

妻に激怒されるだろうし、何より子どもから離れたくない。

生活リズムも子ども中心になるので、トレーニングと育児の両立に不安もあったが、今は上手いこと妻にも子供にも迷惑を掛けずにトレーニングできている。

もちろん妻や子どもに何かあればトレーニングは休まざるを得ないが、トレーニングを続けられているこの環境に感謝している。

今後の豊富

そういえばエアコンをまだ付けていなかったので付けようと思う。

トータル600kg達成後の目標については下記の記事でも紹介しているが、記録的な目標は同じ。

BIG3トータル600kg生涯BIG3トータル600kg達成!【感じたことと今後の目標】

短期目標:1日でのトータル600kg

中期目標:トータル625kg

長期目標:トータル650kg

とりあえず1種目ずつしっかりと地力を付けて記録を伸ばしていきたい。

あとはしっかり狙った日に力が発揮できるようにピーキングプログラムを修正していきたい。

[note title=”ホームジムまとめ”] ☞【ホームジムまとめ】床の補強~器具選びまで徹底解説 ホームジムまとめ【ホームジムまとめ】床の補強~器具選びまで徹底解説 [/note]

FAQ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる