質問・相談・リクエストはこちら

生涯BIG3トータル600kg達成!【感じたことと今後の目標】

BIG3トータル600kg

アオクマ

こんにちはアオクマ(@bluezzly.power)です。

先日ここ数年の大きい目標だった(生涯)BIG3トータル600kgを達成しました。

このページでは記念に私がトータル600kgを達成したときに気付いたことや感じたこと、次の目標について書いてみようと思います。

Total600kgを達成したときの各種目の記録

私がトータル600kgを達成したときの各種目の記録は以下の通りです。

  • 体重:70kg前後
  • スクワット:210kg
  • ベンチプレス:150kg
  • デッドリフト:240kg
  • トータル:600kg

はじめにトータル600kgの目標を立てたときの予定は以下の通りです。

  • スクワット:200kg
  • ベンチプレス:140kg
  • デッドリフト:260kg

ご覧の通り、自分が予測していたのとは違った比率での目標達成となりました。

スクワットとベンチプレスは予測していたよりもかなり伸びて、その一方でデッドリフトは全く伸びずそのままでした。

正直スクワットについては時間はかかるかもしれないがまだまだ伸びていくだろうなとは思っていました。しかしベンチプレスについてはここまで伸びるとは思っていなかったので完全に予想外でした。

デッドリフトについては、得意種目(だと思っていた)のため、完全に後回しにしていて結果全然伸びませんでした。

しかしデッドリフトを頑張り過ぎていたらスクワットとベンチプレスもここまで伸びなかったかもしれないので何とも言えないところです。

スクワット

スクワット解説スクワット210kgを達成したときに意識していたことや考え方について解説

スクワットについてはこちらの記事で解説しています。

パワーリフティングを始めてからはずっとスクワットがトレーニングの主役でした。

何よりもスクワットを優先に考え、スクワットを軸にプログラムを組んできました。

正直パワーを始める前はスクワットが嫌いだし苦手で全くやっていなかったですが、今は一番好きな種目です。

何となくスクワットは一番努力が報われやすい種目の気がします。

ベンチプレス

ベンチプレスベンチプレス150kgを達成したときに意識していたことや考え方について解説

ベンチプレスはパワーを始める前から好きでやっていましたが、長らく伸びておらず、完全に諦めていた捨て種目でした。

しかしここ数年で伸びはじめ、そしてここ数か月で急激に伸びて150kgを達成しました。

正直トータル600kgを達成できたのはベンチプレスが伸びてくれたお陰です。

一番期待していなかったベンチプレスが一番伸びてくれたのは驚きでした。

しかもまだまだ全然伸びそうな感じなのでどんどん記録を伸ばしていきたいです。

デッドリフト

デッドリフトデッドリフト240kgを達成したときに意識していたことや考え方を解説

デッドリフトについては、パワーを初めて1~2週間程度で200kgできたので自分は才能があるんだと思っていました。

そして、トータル600kgもはじめはデッドリフト便りで考えていました。

しかし、現実は厳しく、デッドリフトを後回しにしていたため全然伸びずここ数年240kgで停滞したままです。

正直パワー開始初期のデッドリフトは大会前にちょっとやるだけでした。

しかしその後、デッドリフトもしっかりプログラムをやらないと伸びないことに気付き、プログラムを組んで行っていました。

しかしデッドリフトをプログラムに組み込むと疲労の管理が一気に難しくなり、失敗してばかりです。

ただ最近は少しずつ加減が分かってきたので何とか記録を伸ばしたいところです。

Total600kgを達成して分かったこと・感じたこと

トータル600kgを達成したら見える景色が変わり、強くなった実感が得られるだろうと思っていましたが、実際はそうでもありませんでした。

更に上のレベルを見て自分の弱さを感じる

現在軽量級でトータル600kgまでいけば、決して弱くはなく強い部類に入るだろうと思います。

しかし実際には全国クラスや世界レベルではようやくスタートラインに立った程度のレベルなのかもしれません。

というのも軽量級でも600kg台中盤から後半まで行かないと表彰台は遠いからです。

しかもここ最近は若手の選手がはじめから最先端のトレーニングを行い、超高速で強くなってきています。

日本では軽量級は500~550kg超えていれば結構強いという時代が続いていましたが、おそらくこれからは600kg超えていないと話にならない時代が来るんじゃないかと思っています。

そうなると今回達成したトータル600kgの価値は極平凡な記録になってしまうかもしれません。

トップ選手の言っていることが分かるようになってきた

トップ選手は書籍やブログ、セミナー、SNS、youtubeなど様々な形で情報を発信しています。

私自身そういった情報積極的に収集して勉強させてもらっています。

しかし、今まではそれらの有難い教えを上辺だけで「ああなるほどね」と分かったつもりで見たり聞いたりしていて「でも自分には合わないみたいだわ」と切り捨てたりしていました。

しかし実際は自分の理解や経験が足りなかっただけでそれを自分で体現できていなかっただけのようです。

最近はそういったことを何周もした結果、ようやく少しずつ「あの選手が言っていたことはこういうことだったんだ!」と本当の意味で理解できるようになってきました。

結局まだまだ分からないことばっかり

とはいえ結局まだまだ分からないことばかりです。

もちろん以前と比べると分かってきたことは遥かに多いのですが、それでもまだまだ分からないことは多いです。

「トータル600kgもできれば大分パワーリフティングの真理に近付いているだろうな」と思っていましたが、全然まだまだでした。

まだまだ伸びる

しかしまだまだ分からないことが多いということは、言い換えればまだまだ伸びしろがあるということです。

私自身、まだまだ伸びしろを感じており、全く限界を感じてはいません。

今現在、試してみたいことや修正しなければいけないことが沢山あり、ワクワクしながらトレーニングできています。

今後の目標

何はともあれトータル600kgを達成したので次の目標を立てようと思います。

1日でトータル600kg

トータル600kgを達成しましたが、あくまでもそれぞれの種目の自己ベストを足してのトータル600kgです。

1日で同時にやってのトータル600kgではないので、まずは1日で達成したいです。

トータル650kg

そして次の目標は大きく700kgといいたいところですが、流石にこれは世界トップクラスの記録になってくるので現実的ではありませんし、一体何年掛かるか分かりません。そもそも到達できるかは相当怪しくなってきます。

ということでまずは650kgです。

正直650kgも相当難しいかもしれませんが、何となくイメージはできます。

  • スクワット:225kg
  • ベンチプレス165kg
  • デッドリフト:260kg
  • トータル:650kg

これぐらいなら数年で達成できそうなイメージが湧きます。

プログラムのブラッシュアップ

まずトータル650kgを達成するためにはトレーニングプログラムの修正が不可欠です。

正直プログラムは未だに試行錯誤中です。

もちろんどんな良いプログラムができてもずっとこれでいいということはないだろうとは思いますが…

少しずつ良い方向に近付いてきている感じはありますが実証し確信するまではどうしても時間が掛かります。

今の感じではまだ5~6割ぐらいの完成度です。

まとめ

ということでトータル600kgを達成してもまだまだ分からないことばかりです。

しかしそんな状態でトータル600kgを達成できたということはまだまだ伸びしろがあるはずだと前向きに考えています。

現在も、試してみたいことや修正しなければならないことが沢山あり「もっともっと記録が伸ばせるんじゃないか」とワクワクしながらトレーニングできています。

ただし今後は年齢を重ねるほどコンディションを保つのが難しくなってくることが予測されるので身体のケアも大切にしていかなければならないと思います。

それと昨年子どもが生まれたので、今後は育児と競技の両立という難しい課題もあります。

次の目標であるトータル650kgまでは険しい道のりになると思いますが、楽しんでやっていければと思います。

トータル600kg達成時のサプリメントについてはコチラ
サプリメントサプリメントはたったコレだけ【BIG3トータル600kg達成時に摂取していたもの】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください