質問・相談・リクエストはこちら

【カップヌードルナイス全3種類レビュー】低カロリーなのに美味しい

カップヌードルナイス3種

アオクマ

こんにちはアオクマ(@bluezzly)です。

カップラーメンって美味しいですよね。

でもカロリーも高いし太るのが心配ですよね。

そんなときは「カップヌードルナイス」がおすすめです。

この記事では私が実際に「カップヌードルナイス」3種全てを食べた感想を紹介します。

「カップヌードルナイス」の基本情報(価格・栄養成分など)

アオクマ

まずは「カップヌードルナイス」のスペックをチェック!

基本情報

商品名 「カップヌードルナイス」
名称 即席カップめん
販売者 日清食品株式会社
ラインナップ ポークしょうゆ、クリーミーシーフード、キムチ豚骨
希望小売価格 180円(税抜き)

栄養成分

ポークしょうゆ クリーミーシーフード キムチ豚骨
熱量(kcal) 176 176 176
-めん・かやく(kcal) 155 137 142
-スープ(kcal) 21 39 34
たんぱく質(g) 8.8 9.2 9.4
脂質(g) 6.5 6.2 6.9
炭水化物(g) 35.0 35.1 33.9
 糖質(g) 18.8 19.3 17.2
 食物繊維(g) 16.2 15.8 16.7
食塩相当量(mg) 4.6 4.7 4.9
 めん・かやく(g) 1.8 1.5 1.7
 スープ(g) 2.8 3.2 3.2
ビタミンB1(mg) 0.12 0.11 0.11
ビタミンB2(mg) 0.18 0.16 0.17
カルシウム(mg) 86 84 131

原材料

原材料(ポークしょうゆ)
めん(小麦粉、植物性たん白、植物油脂、食塩、でん粉、チキンエキス、ポークエキス、しょうゆ、香辛料、たん白加水分解物)、スープ(ポークエキス、糖類、粉末しょうゆ、香味調味料、食塩、小麦粉、大豆粉、豚脂、たん白加水分解物、香辛料、野菜調味油、メンマパウダー、ポーク調味油)、かやく(キャベツ、味付豚ミンチ、味付卵、ねぎ、赤ピーマン)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(増粘多糖類、アルギン酸エステル)、カラメル色素、かんすい、香料、炭酸Ca、環状オリゴ糖、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、カロチノイド色素、乳化剤、香辛料抽出物、炭酸Mg、くん液、酸味料、ビタミンB2、チャ抽出物、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)
原材料(クリーミーシーフード)
めん(小麦粉、植物性たん白、植物油脂、食塩、でん粉、チキンエキス、ポークエキス、しょうゆ、香辛料、たん白加水分解物)、スープ(乳等を主要原料とする食品、ポークエキス、糖類、ポーク調味料、ブイヨン、粉末しょうゆ、チキンエキス、香辛料、小麦粉、豚脂、食塩、ポテトフレーク)、かやく(味付卵、キャベツ、いか、魚肉練り製品、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(増粘多糖類、アルギン酸エステル)、かんすい、炭酸Ca、環状オリゴ糖、香料、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、カロチノイド色素、酸味料、カラメル色素、乳化剤、ベニコウジ色素、炭酸Mg、ビタミンB2、香辛料抽出物、チャ抽出物、ビタミンB1、(一部にかに・小麦・卵・乳成分・いか・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)
原材料(キムチ豚骨)
めん(小麦粉、植物性たん白、植物油脂、食塩、でん粉、チキンエキス、ポークエキス、しょうゆ、香辛料、たん白加水分解物)、スープ(ポークエキス、糖類、大豆粉、豚脂、香味調味料、香辛料、食塩)、かやく(味付豚ミンチ、白菜キムチ、キクラゲ、ねぎ、赤唐辛子)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(増粘多糖類、アルギン酸エステル)、香料、かんすい、炭酸Ca、環状オリゴ糖、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、カロチノイド色素、酸味料、香辛料抽出物、ビタミンB2、くん液、チャ抽出物、ビタミンB1、(一部に小麦・卵・乳成分・いか・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

公式サイト

参考 カップヌードルナイス|カップヌードル|CUPNOODLEカップヌードル|CUPNOODLE

「カップヌードルナイス」食レポ

アオクマ

3種類とも何十個も食べましたが未だにどれが1番か選べていません。どれも美味しいです。

ポークしょうゆ

カップヌードルナイスポークしょうゆ味

安定のしょうゆ味。

胡椒とかの調味料トッピングとも相性が良い。

食べ方は無限。

クリーミーシーフード

クリームシーフード

めっちゃクリーミー。

本家を超えたか?

シーフード感だけでなくクリーミー感もかなり強い。

うまいっ!!

キムチ豚骨

キムチヌードル

もしかしたら以外にも一番あっさりしているかも。

辛さは控えめ。

やっぱキムチって美味しい。

アオクマ

全部美味しくて甲乙つけがたいです。

「カップヌードルナイス」4つのおすすめポイント

  1. 低カロリーなのにウマい
  2. 食物繊維が豊富
  3. たんぱく質もまあまあ多め
  4. スープがこってりしてて満足感あり

①低カロリーなのにウマい

「カップヌードルナイス」はわずか176kcal。

これは普通のカップヌードルの約半分になる。

一般的に低カロリー化すると著しく味が落ちることが多い。

しかしこの「カップヌードルナイス」は美味しい。

「本当に低カロリーなのか?」と心配してしまうほど美味しいのだ。

②食物繊維が豊富

「カップヌードルナイス」は麺にレタス4個分の食物繊維を練り込むことで低糖質・低カロリーを実現しているとのこと。

ちなみに食物繊維は15.8~16.7gも入っている。実はこれはかなり多い。

厚生労働省の資料では、食物繊維の目標摂取量について成人男性で20g/日以上、成人女性で18g/日以上とされている。

参考 日本人の食事摂取基準厚生労働省

食物繊維が多いことで満腹感も得られやすいしダイエット中の人には持って来いだ。

また食物繊維が不足しがちな人にはとても嬉しい。

③たんぱく質もまあまあ多め

176kcalという低カロリーに対して約9gのたんぱく質は割合としてまあまあ優秀だと思う。

ダイエット中は高たんぱく低カロリーの食事が基本なのでマッチするだろう。

④スープが濃厚で満足感あり

低カロリーだとスープが物凄くあっさりしているんじゃないかという心配があったが、そんなことは無かった。いや、むしろ逆で濃厚スープだった。

「本当の本当に低カロリーなの?」とまたまた心配になってしまうが、本当に低カロリーな模様。

濃厚スープではあるがしつこくなく後味はすっきりしているのでそんなに油でこってりしているわけではなさそうだ。

とにかくこの濃厚スープのお陰で全く低カロリー感が無くて食べた後の満足感が高い。

アオクマ

本当に低カロリーとは思えない美味しさです。

「カップヌードルナイス」のデメリット・注意点

  • 若干価格が高い
  • 売っていないお店も多い
  • 塩分の摂り過ぎに注意

若干価格が高い

180円(税抜き)という価格は少し高い。

スーパーで値引きしてても150円前後のことが多い。

普通のカップラーメンであれば安売りしているときはもっともっと安く買えることを考えれば若干高いと言わざるを得ない。

安く購入したければ特価を狙うか、ネットでまとめ買いがおすすめだ。

売っていないお店も多い

何故か意外と置いていないお店が多い。

コンビニだとかなり限られてくる。

塩分の摂り過ぎに注意

「カップヌードルナイス」には塩分が食塩相当量で4.6~4.9gも入っている。

低カロリーだからといって調子に乗って何個も食べると塩分の摂り過ぎになるので注意だ。

ちなみに厚生労働省の資料によると塩分の目標摂取量は成人男性で8.0g未満、成人女性で7.0g未満とされている。

つまり「カップヌードルナイス」を1日に2つ食べただけで塩分の摂り過ぎになるリスクがある。

参考 日本人の食事摂取基準厚生労働省

アオクマ

塩分の摂り過ぎは気を付けたいですね。

「カップヌードルナイス」まとめ

「カップヌードルナイス」は…
  • 普通のカップヌードルの約半分の176kcalで低カロリー
  • 食物繊維も豊富
  • 低カロリーなのにスープが濃厚で満足感が高い
  • 普通に美味しい
  • 塩分の摂り過ぎには注意

「カップヌードルナイス」を食べる方法

基本的にはスーパーで購入できる。

しかし残念なことに売っていないお店も多い。

もし売っているお店を見つけたら覚えておくようにしたい。

お店で買って食べて気に入ったらネットでまとめ買いしてストックしておくのもおすすめだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください