お願い詳しくはこちら

【マツキヨプロテインバー評価レビュー】たんぱく質15gでたったの138円【コスパ最強・価格破壊】

目次

プロテインバー界の革命児マツキヨプロテインバー

aokuma

こんにちはアオクマ(@bluezzly.power)です。
このページではマツキヨで販売されている「プロテインバー」を紹介します。
この商品の最大の特徴はたんぱく質15gでたったの138円という圧倒的なコスパ。
しかも味も普通のチョコレート菓子みたいで美味しいので超おすすめです。

残念ながら118円から138円に値上がりしました。
ストロベリー味がリニューアルされたため一部記事を書き直しました。

マツキヨプロテインバー大袋も発売されました

先日マツキヨプロテインバーのミニが10本入りの大袋が発売されました。

価格:税別999円(税込み1,078円)

1本あたり約100円とこちらも非常にコスパが良くおすすめです。

「マツキヨプロテインバー」基本情報(価格・栄養成分など)

基本情報

商品名「PROTEIN BAR」
名称栄養調整食品(たんぱく含有食品)
メーカーリブ・ラボラトリーズ
ブランドmatsukiyo LAB
発売日2018年7月18日
価格1本:138円(税込)
10本入:1,380円(税込)
フレーバーチョコレート、ストロベリー

栄養成分

チョコレート味ストロベリー味
内容量36g36g
エネルギー186kcal185kcal
たんぱく質15.1g15.8g
脂質10.1g10.3g
炭水化物7.6g7.6g
食塩相当量0.4g0.4g

原材料

チョコレート味

大豆パフ(大豆たんぱく、でん粉、植物油脂)、ココアバター、乳清たん白、全粉乳、カカオマス、エリスリトール、大豆加工食品、炭酸カルシウム、乳化剤、甘味料(ステビア)、香料、一部に大豆・乳成分を含む

ストロベリー味

大豆パフ(大豆たんぱく、でん粉、植物油脂)、ココアバター、乳清たん白、エリスリトール、全粉乳、大豆加工食品/香料、乳化剤、炭酸カルシウム、甘味料(ステビア)、酸味料、アカビート色素、(一部に大豆・乳成分を含む)

公式サイト

中身はこんな感じ

マツキヨプロテインバーチョコレート味
チョコレート味
マツキヨプロテインバーストロベリー味
ストロベリー味

大きさはどちらも同じ。切れ目が付いているため、割ってちょっとずつ食べることも可能。

「マツキヨプロテインバー」6つのおすすめポイント

美味しい

チョコレート味もストロベリー味も大豆パフを固めて作ってあり、サクサクしており食感が良い。

プロテインバーにありがちなネチャネチャ感は皆無だ。

甘さも控えめでプロテインバーにありがちなしつこさはない。

チョコレートは文句なしで美味しいので、お菓子感覚で食べられる。全く変な癖はない。

しかし、ストロベリー味は正直不味い。大豆パフにうっすらとストロベリーの酸味と香りがある感じ。個人的にはあんまり好みではない。

現在ストロベリー味が大幅にリニューアルされ、とても美味しくなっている。

チョコレート味をそのままストロベリー味にした感じで激ウマ。

とにかく安い

最近はフィットネスブームや世間の健康に対する意識の高まりもあり、プロテインバーなどの健康食品も増えてきている。

しかしこういった食品は価格が高いものが多い。

どんなに良いものでも高ければ常食するのは難しい。

特にプロテインバーは高いものが多く、国産でも外国産でも大体300~400円はする

ウィダーのプロテインバーなどのように200円を切るものもあるが、たんぱく質量が少ないので実は割高だったりする。

そう考えるとマツキヨのプロテインバーのタンパク質15gで118円(税込み)128円というのは激安だ。

※いつの間にか税抜き128円(税込み138円)に値上げしていました。まあそれでもコスパが良いのには変わりありませんが…

おそらく国産・外国産問わず他のどのプロテインバーと比較しても安い。

栄養成分が優秀

チョコレート味もストロベリー味もたんぱく質が約15gも入っている。

カロリーもチョコレート味が186kcal、ストロベリー味が125kcalと抑えられているのでかなり優秀といえる。※チョコレート味の186kcalはやや高め。

ストロベリー味が大幅にリニューアルされ、現在は185kcalとなっている。そのためチョコレート味とストロベリー味は栄養成分はほぼ同じ。

もちろん普通のプロテインパウダー(シェイク)と比べれば劣るが、プロテインバーとしては間違いなく優秀といえる。

お手軽にタンパク質補給できる

プロテインバーの良い所はそのお手軽さだ。

プロテインパウダーと違ってわざわざシェイカーを使って作る必要もない。

手に入れやすい

マツキヨの商品なのでマツキヨに行けば買える。

これは物凄いメリットだ。

だって海外のプロテインバーだとネットで注文してしばらく待たないといけない。

国産だと売っている所がスポーツ用品店とかジムとかに限られる。

マツキヨは結構色んなところにあるので簡単に買える。

お店で置いてない場合は通販でも購入可能。

最近は人気がありすぎてマツキヨでも売り切れになっていることが多い。
もしお店で見つけたらまとめ買い推奨。

糖質も少ない

私は糖質の量は全く気にしないが、最近は気にする人もいると思うので参考までに。

正確な糖質量は記載されていないが、炭水化物量は7.6gと結構抑えられている。

意外にもチョコレート味の方が少ない。この内、食物繊維のことも考えると糖質はもっと少なくなるだろう。

aokuma

味・価格・栄養素の3拍子揃ったプロテインバーなんて中々ないです。

「マツキヨプロテインバー」の口コミ

aokuma

口コミを探しても中々見つからないので、嫁と職場の同僚に実際に食べてみてもらって感想を聞いてみました。

「美味しいじゃん。今までの不味いやつと比べれば全然食べられる。でもこんなに甘くて太らないの?」

※ちなみに嫁には今までは海外製品等色々食べてみてもらっている。

そのせいでプロテイン系の食品が大っ嫌いになってしまっていた。

その嫁にしてはかなりの高評価。

おっしゃる通りカロリーが高いので食べ過ぎれば太るだろう。

職場の同僚

「へ~、普通のチョコレート菓子と変わんないね。なんかこういうお菓子あるよね。プロテインバーって美味しいんだね。」

※プロテインバーどころかサプリメントもほとんど摂取したことのない同僚。

美味しそうでなによりだが、海外製品の不味いやつも食べさせてマツキヨプロテインバーの凄さを思い知らせてやりたいと思った。

「マツキヨプロテインバー」のデメリット・注意点

プロテインパウダーには価格・栄養素面で劣る

やはりプロテインパウダー(シェイク)には価格・栄養素面では劣る。

だが味や満足感ではマツキヨプロテインバーの圧勝だ。

ただ欲をいえばもっとカロリーを抑えるか、たんぱく質を増やしてほしい。

185~186kcalは正直ちょっと高い。

特に減量・ダイエット中だと食べるのに躊躇するカロリーだ。

できれば150kcalでたんぱく質20gぐらいになるともっとコアな層のトレーニーにも売れると思う。

もちろん味はこのクオリティを保ったままで。

必須アミノ酸含有量不明

必須アミノ酸についてはこちら☟

アミノ酸:たんぱく質を分解したもの。

必須アミノ酸:体内では十分合成できないので食べ物から摂取しなければいならないアミノ酸。

残念ながらどういったアミノ酸で構成されているかは記載されていない。

もしかしたらたんぱく質(アミノ酸)の質が低いから安いのか?実際のところ分からないが。

まあそれでも美味しいから買うんですけどね。

他のプロテインバーと違ってビタミンやミネラルは入っていない

安さの秘密はおそらくここなのかもしれない。

まあゼロではないだろうが表記がないということはそういうことだろう。

だがこれはこれで良いと思う。

だってプロテインバーを買う層の人たちはほとんどの人が他のサプリメントからビタミン・ミネラルを補給するし。

だから余計なものを入れないで価格を抑えてくれた方が嬉しかったりする。

aokuma

つまり無駄を省いてコストを抑えたプロテインバーということですね。

チョコレート菓子とか甘いのが苦手な人はダメかも

当たり前のことだが甘い人が苦手な人はダメかもしれない。

ただ一応言っておくと、マツキヨのプロテインバーの甘さは外国産のチョコレート菓子やプロテインバーのような不自然でしつこい甘さではない。

普通の国産チョコレート菓子と同じような美味しい甘さなので甘い物好きな人にはピッタリだ。

「マツキヨプロテインバー」まとめ

「マツキヨプロテインバー」は…

  • 高タンパクまあまあ低カロリー
  • 国産外国産どれと比較しても安い
  • サクサクしてて美味しい
  • プロテインバーにありがちなネチャネチャ感やしつこい甘さはない
  • チョコレート味もストロベリー味も両方美味しい

「マツキヨプロテインバー」の購入方法

マツキヨのオンラインショップでも購入できるが、近くにマツキヨがある場合はその方が早いだろう。

ただ、近くになかったり品切れになっている場合はオンラインショップが良いかもしれない。

お店で購入

お近くのマツモトキヨシで購入が1番手っ取り早い。

しかし置いていないお店はいつも置いていないので注意。

また品切れになっていることも多い。

ネットで注文

~「マツキヨプロテインバー」購入はこちら~

マツモトキヨシのオンラインストアでも購入可能。

お知らせ

新たにホームジム特化サイト「ホームジムラボ」を作成しました。

ホームジムを作成する上での注意事項や器具の選定などを細かく解説しています。

是非ご覧ください。

ホームジムラボ
クリックでホームジムラボへ移動できます

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる