お願い詳しくはこちら

【ハナウタ「水切りラック(縦置きロング)」レビュー】超高いけど超満足

aokumaのアイコン画像aokuma

こんにちはアオクマです。
このページではハナウタ「水切りラック(縦置きロング)」をご紹介します。
我が家の洗い物係は私なのですが、子どもが産まれ、家族が増えるとどうしても洗い物も増えてしまい、一般的な水切りかごだとあっという間に一杯になってしまいます。
そんなときに発見したのが今回紹介するハナウタさんの水切りかご。
こちらは約15,000円と、目を疑うような高価格です。
しかし、色々調べると中々代わりになるような水切りかごは少なく、悩みに悩んだ結果購入に至りました。
結論からすると超大容量でとても満足しています。

目次

ハナウタ「水切りラック(ロングタイプ)」スペック

商品名水切りラック(縦置きロング)
メーカーhanauta(ハナウタ)
セット内容本体×1
トレイ×1
箸立て×1
仕切り板×1
滑り止め×4
サイズ外寸:W下19上24.5×H16×D57(㎝)
内寸:W18×H11×D55(㎝)
重さ2.35kg
材質本体:18-8ステンレス
トレイ:18-8ステンレス
滑り止め:シリコンゴム
耐荷重10kg
原産国日本(新潟県三条市)
価格15,400円(税込み)
ハナウタ水切りラックサイズ詳細

ハナウタ「水切りラック(縦置きロング)」お気に入りポイント

  • 我が家のシンクにピッタリサイズ
  • 超大容量で収納力抜群
  • 傾斜とデコボコのお陰で食器が滑らない倒れない

我が家のシンクにピッタリサイズ

水切りかごを購入する上で、まずサイズを考慮しなければならなかった。

我が家のキッチンは向かってシンク左側に水切りかごを置けるスペースがある。

おそらく同じようなレイアウトのキッチンを使っている人が多いのではないだろうか?

そしてこのスペースはそんなに広くはないので、このスペースに収まる水切りかごでなければならなかった。

しかもその上で限界まで収納力を高めたかった。

一般にホームセンターで売られているものは、小さかったり、大きすぎたりと中々このスペースを十分に有効活用できるサイズのものはない。

ちなみに今まで使っていたものも小さく、スペースを十分に有効活用できていなかった。

一般的な大きさの水切りかご

色々ネットで探した結果見つかったのがハナウタ「水切りラック(縦置きロング)」。

外寸が横幅24.5×高さ16×奥行57(㎝)の大容量でしかも縦長なので我が家のキッチンにぴったり。

ハナウタ水切りラックは大容量

スペースを無駄なく有効活用できるので完璧なサイズだ。

超大容量で収納力抜群

ハナウタ水切りラックは収納力抜群

水切りかごで1番重要なのは収納力。収納力がないと直ぐに一杯になってしまい洗い物の行き場がなくなってしまう

その点この水切りラックはサイズが大きい分収納力も抜群。

今までの小さい水切りかごでは一瞬で一杯になってしまい、食器を無理やり上に積み重ねて使ったりマットを広げて使ったりしていた。

しかしこの水切りラックにしてからは余程洗い物を溜めない限り容量オーバーにならない

ハナウタ水切りラックは収納力抜群

我が家は私と妻、0歳の息子の3人家族だが、現状問題なく使用できている。

1番期待していた収納力にはとても満足している。

傾斜と突起のお陰で食器が滑らない倒れない

水切りラックを選ぶ上で悩んだポイントとして、収納機能がある。

商品によっては、まな板ラックやグラスホルダー、包丁ラックも付いているものがある。

はじめはそういうのが付いている方が良さそうだなと思っていた。

しかし結果的にはこっちにして正解だった。

この水切りラックは上部が広がるように傾斜が付いている。

ハナウタ水切りラックは上部が広がっている

また下の部分は突起がありデコボコした形状になっている。

ハナウタ水切りラックは突起がある

このお陰で、大きい皿やまな板、フライパンや鍋なども横向きで斜めに置けるし、突起に引っ掛かって滑ることもない

ハナウタ水切りラックは洗い物が滑らない

正直購入前はこの辺の作り・機能はあまりピンと来ていなかったし期待していなかった。

しかし実際に使ってみるとこれらの機能かなり効いている。

シンプルながらとても使いやすくなっており、これならまな板ラックとかもなくて大丈夫だと思った。

※ちなみに包丁ラックについてはオプションで用意されているので同時に購入している

ハナウタ包丁ラック

この包丁ラックの方は刃が当たる部分にシリコンキャップを取り付けられ、包丁が傷まないようになっている。

また簡単に包丁が取れないようになっているので安全。

私のように洗った後の包丁の置き場に困っている人は同時購入がおすすめ。

ハナウタ「水切りラック(縦置きロング)」で唯一気になったのは価格だけ

この水切りラックに欠点があるとしたら価格だけだ。

正直市販の水切りラックは1,000~2,000円程度で、良い物でも5,000円は超えないというイメージだった。

しかし大きさなど色々調べてみるとどうしても私が求めている水切りかごは数種類しかなく、しかもどれも10,000円オーバー。

「普通じゃない…水切りかごの価格じゃない…」と思った。

しかし「毎日使うし長く使うものだしな…」と無理やり自分を納得させて購入を決意。

もちろん妻の了承など得られるはずもなくポケットマネーで購入。

結果として品質は完璧だし洗い物も捗っているしとても満足している

なんでも世界でも有名な金物産業の産地、新潟県燕三条産なんだとか。

なるほど、職人さんが丁寧にこしらえているとなると高いのも頷ける。

末永く愛用させていただこうと思う。

FAQ

高過ぎじゃない?

正直高過ぎだと思いますが、探してみると他にちょうど良さそうなものがありません。

あったとしても同じぐらい高かったです。

ただ品質の高さは確かです。

まな板ラックとかグラスホルダーがあった方が良くない?

まな板は横にして斜めに掛けられるので大丈夫でした。

収納力が高いので今のところグラスホルダーも必要ない感じです。

他社製品との違いは?

ラック上部が斜めになっているので洗い物を斜めに掛けられることと、ラック下面の突起で洗い物が滑らないところが違うかと思います。想像以上に使いやすかったです。

2段の水切りラックの方が収納力が高くて良いんじゃない?

収納力という点では2段の方がよいかもしれません。

しかし、2段だと高さがあるのでリビング側から洗い物の山が見えてしまいます。

個人的に生活感の出る洗い物は隠したいので2段はNGです。

ハナウタ「水切りラック(縦置きロング)」まとめ

ハナウタ「水切りラック」は…

  • キッチンの狭いスペースを無駄なく有効活用できる大容量水切りかご
  • 大きくて収納力抜群
  • 大きい洗い物でも収納しやすい
  • 価格は滅茶苦茶高いけど品質と使いやすさは間違いない逸品

ハナウタ「水切りラック(縦置きロング)」購入方法

お知らせ

新たにホームジム特化サイト「ホームジムラボ」を作成しました。

ホームジムを作成する上での注意事項や器具の選定などを細かく解説しています。

是非ご覧ください。

ホームジムラボ
クリックでホームジムラボへ移動できます

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる