お願い詳しくはこちら

【日清「カップヌードルPRO」レビュー】高たんぱく低糖質だけどノーマルと全く変わらない美味しさ

カップヌードルプロ
目次

日清「カップヌードルPRO」基本情報

基本情報

商品名「カップヌードルPRO」
メーカー日清
フレーバープレーン
シーフード
内容量(麺量)プレーン:74g(60g)
シーフード:78g(60g)
価格222円(税込み)

栄養成分

プレーン
(PRO)
シーフード
(PRO)
内容量
(麺量)
74g
(60g)
78g
(60g)
エネルギー
(麺・かやく)
(スープ)
274kcal
(236kcal)
(38kcal)
298kcal
(231kcal)
(67kcal)
たんぱく質15.2g15.2g
脂質16.8g18.1g
炭水化物
(糖質)
(食物繊維)
35.4g
(15.3g)
(20.1g)
38.4g
(18.2g)
(20.2g)
食塩相当量
(麺・かやく)
(スープ)
4.8g
(2.1g)
(2.7g)
4.5g
(1.7g)
(2.8g)
ビタミンB10.22mg0.58mg
ビタミンB20.40mg0.40mg
カルシウム105mg107mg

原材料

プレーン

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、植物性たん白、食塩、サイリウム種皮粉末、チキンエキス、しょうゆ、ポークエキス、香辛料、ポーク調味料、チキン調味料、たん白加水分解物、卵粉)、スープ(コラーゲンペプチド、豚脂、粉末しょうゆ、食塩、糖類、香辛料、たん白加水分解物、香味調味料、ポーク調味料、メンマパウダー)、かやく(味付豚ミンチ、味付卵、味付えび、ねぎ、味付豚肉)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、香料、増粘剤(増粘多糖類、アルギン酸エステル)、かんすい、炭酸Ca、カラメル色素、環状オリゴ糖、pH調整剤、乳化剤、焼成Ca、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、香辛料抽出物、チャ抽出物、ビタミンB2、シリコーン、くん液、ビタミンB1、酸味料、(一部にえび・小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

シーフード

油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、植物性たん白、食塩、サイリウム種皮粉末、しょうゆ、たん白加水分解物、香辛料、チキン調味料、卵粉)、スープ(コラーゲンペプチド、ポーク調味料、チキン調味料、豚脂、糖類、香辛料、乳化油脂、粉末しょうゆ、にんじん調味料、たん白加水分解物、乳等を主要原料とする食品、あさり調味料、野菜調味油、紅しょうが、ポーク調味油)、かやく(キャベツ、魚肉練り製品、味付卵、いか、ねぎ)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(増粘多糖類、アルギン酸エステル)、香料、かんすい、炭酸Ca、香辛料抽出物、環状オリゴ糖、乳化剤、pH調整剤、焼成Ca、カロチノイド色素、酸化防止剤(ビタミンE)、ベニコウジ色素、カラメル色素、炭酸Mg、チャ抽出物、シリコーン、ビタミンB2、酸味料、ビタミンB1、(一部にかに・小麦・卵・乳成分・いか・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

公式サイト

食レポ

プレーン

カップヌードルPRO
カップヌードルPRO具、かやく、中身

フタを開けてみると中身はいつものカップヌードルと何ら変わりない。

いつものエビ・卵・ネギそして謎肉がゴロゴロ入っている。

カップヌードルPRO完成

お湯を入れて3分で完成なところもそのまま。

そして完成後もいつものカップヌードル。

カップヌードルPRO麺

麺にも変わった様子はみられない。

実際に食べてみると、見た目同様安定のいつものカップヌードル。

良い意味でそのまま。

味のクオリティを完全に保ったまま高たんぱくにしてカロリーをカットできている。

普通にいつものカップヌードルで美味しい。

シーフード

カップヌードルPROシーフード
カップヌードルPROシーフード具、かやく、中身

シーフードも中の様子はいつもと全く変わりない。

いつものカニ・イカ・卵・ネギ。

カップヌードルPROシーフード完成

プレーンと同様完成後のルックスもいつもと変わりなし。

カップヌードルPROシーフード麺

味も良い意味でいつものシーフード。

いつも通り美味しい。

ノーマルとPROの比較

価格・栄養成分比較

プレーン
(PRO)
シーフード
(PRO)
プレーン
(ノーマル)
価格(税込み)222円222円208円
内容量
(麺量)
74g
(60g)
78g
(60g)
78g
(65g)
エネルギー
(麺・かやく)
(スープ)
274kcal
(236kcal)
(38kcal)
298kcal
(231kcal)
(67kcal)
351kcal
(327kcal)
(24kcal)
たんぱく質
(たんぱく質含有率)
15.2g
(22.2%)
15.2g
(20.4%)
10.5g
(12.0%)
脂質16.8g18.1g14.6g
炭水化物
(糖質)
(食物繊維)
35.4g
(15.3g)
(20.1g)
38.4g
(18.2g)
(20.2g)
44.5g
食塩相当量
(麺・かやく)
(スープ)
4.8g
(2.1g)
(2.7g)
4.5g
(1.7g)
(2.8g)
4.9g
( 2.4g)
(2.5g)
ビタミンB10.22mg0.58mg0.19mg
ビタミンB20.40mg0.40mg0.32mg
カルシウム105mg107mg105mg

味比較

左:ノーマル 右:PRO

ご覧の通りノーマルの方がPROよりもスープの色味が濃い。

一番違うのは香り。

ノーマルの方がスープの香りがしっかりとしているが、PROの方は香りが少なくスープではなくカップの香りを感じる。

だが実際の味の方はほとんど違いが分からないレベル。

注意して食べ比べれば何となく違いを感じられる程度。

評価

味:ノーマルの味を保つことができていてとても美味しい

味を落として高たんぱく化することは簡単だが、このカップヌードルPROはノーマルの味をかなり維持できている。

素晴らしいの一言。

たんぱく質含有率:カップラーメンということを考えればまあまあ

たんぱく質含有率
プレーン約22.2%
シーフード約20.4%

参考ノーマル:約12.0%

参考卵:約31.8%

プロテインバーやプロテインドリンクなどの高たんぱく食品と比較するとあまり高い数値ではない。

しかしカップラーメンということを考慮すると悪くない。

美味しいカップヌードルを食べつつおまけにたんぱく質もそれなりに摂れる。

これにザバスミルクプロテインとかをセットにするとそれだけでたんぱく質を合計30gも摂取できる。

コスパ:まあまあ

たんぱく質1gあたりの価格
プレーン約14.6円/g
シーフード約14.6円/g

参考ノーマル:19.8円/g

参考卵:約2.7円/g

メインのたんぱく質補給源として考えてしまうとそこまでコスパは高くない。

だが美味しいカップヌードルという点なども考慮すると許せる。

総合評価:スペックはそこまで良くないが摂り方によってはアリ

メインのたんぱく質補給源として考えると、たんぱく質含有率・コスパ共にそこまで良くはない。

だが美味しいカップヌードルを食べた上におまけでたんぱく質も補給できると考えれば全然OK。

ノーマルのカップヌードルのクオリティを保てているので食べた後の満足感も高い。

強いていえばたんぱく質20gぐらいにして欲しかった。

あとBIGサイズのやつが出たら面白そう。

まとめ

「カップヌードルPRO」は…

  • ノーマルのクオリティが保たれていてとても美味しい
  • たんぱく質含有率とコスパはそこまで高くない
  • けどカップラーメンとしては優秀
  • カップラーメンが食べたくなってしまったらこれがおすすめ

日清「カップヌードルPRO」の購入方法

~「カップヌードルPRO」購入はこちら~

aokuma

コンビニなどでも購入できます。

お知らせ

新たにホームジム特化サイト「ホームジムラボ」を作成しました。

ホームジムを作成する上での注意事項や器具の選定などを細かく解説しています。

是非ご覧ください。

ホームジムラボ
クリックでホームジムラボへ移動できます
カップヌードルプロ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる