お願い詳しくはこちら

【超簡単】椅子や家具の脚に付けた傷防止用フェルトがズレなくなる方法・改【アロンアルファでくっつけるだけ】

[say name=”アオクマ” img=”https://lemon-mint.com/wp-content/uploads/2020/06/blueicon-2.png”]こんにちはアオクマ(@bluezzly)です。

椅子や家具の脚には傷・音防止にフェルトを付けるのが一般的です。

しかしフェルトを付けてもあっという間にズレたり剥がれたりしてしまい使い物になりません。

当ブログではこれまでに様々な方法でこの問題に対処してきましたが、今回遂に最適解を発見したので報告します。

その方法はとても簡単かつ単純で、瞬間接着剤のアロンアルファでフェルトをくっつけるだけでした。

今はこんな簡単な方法に気付かなかった自分にガッカリいています。

[/say]

目次

今までに行った施策とデメリット

[say name=”アオクマ” img=”https://lemon-mint.com/wp-content/uploads/2020/06/blueicon-2.png”]

まずは私と同じ過ちを繰り返さないようご確認ください。

[/say]

①試すまでもなくボツになった方法

  • 家具の脚用ソックス
  • 家具の脚用滑るキャップ

家具の脚用ソックスについては目立つし脱げるし何よりダサいからという理由でボツ。

イス用ソックス

家具の脚用キャップについては、傷防止機能がなかったり、滑らなかったりするためボツとした。

イスの脚による床の傷防止用キャップ

②大きめのフェルトを付ける

[kanren id=”2999″]

イスの脚によるひっかき傷防止フェルト

まず一番最初に行ったのがこちらの方法。

大きめのフェルトを使用することで、椅子の脚がフェルトにめり込んでズレなくなるという方法。

この方法では確かにフェルトはズレなくなる。

しかしはみ出たフェルト部分に埃がくっつくという最悪な欠点があった。

③フェルト付きキャップを装着する

[kanren id=”7836″]

椅子の脚用フェルト付きキャップ

続いて行ったのが、フェルト付きキャップを装着するという方法。

従来の脚用キャップには付いていなかったフェルトが付いているハイブリッド構造。

この方法では、フェルトがズレたり剥がれることはなくなり、音も静かになったのでとても満足していた。

しかし、しばらく使用しているとかなり音がうるさくなってしまった。

床の傷防止にはなるが、どうも音がうるさくて気になる。

最適解はアロンアルファでフェルトをくっつける方法

色々と試した結果、瞬間接着剤のアロンアルファでフェルトをくっつけるという方法に辿り着いた。

準備するもの

フェルトとアロンアルファ

[box class=”box41″][list]

  • フェルト
  • アロンアルファ

[/list][/box]

今回使用したのはダイソーのフェルトとお馴染みのアロンアルファ。

施工手順

椅子の脚にアロンアルファを塗る
椅子の脚にアロンアルファを塗る

※塗る前に事前に脚を綺麗に拭いて埃を取っておきましょう。

フェルトを張り付ける
椅子の脚にフェルトを張り付ける

あとはズレないようにフェルトを貼り付けるだけです。

※フェルトの方が小さい場合は、フェルトにアロンアルファを塗って張り付けた方がいいです

完成
椅子脚フェルト取り付け完了

4つの脚全てに貼り付けたら完成

見た目はスッキリ

椅子脚フェルトで見た目もスッキリ

今回使用したのは椅子の脚裏の直径とほぼ同サイズのフェルトだが、見た目もスッキリしている。

引きずり音も静か

左(今回):フェルト+アロンアルファ 右(以前):フェルト付きキャップ

動画左側は新たにフェルトとアロンアルファで接着した椅子。

動画右側は今まで使用していたフェルト付きキャップを装着した椅子。

左はフェルトの滑る音だけなので静か。

右は床と擦れるようなうるさい音がする。

このように静音性でも一気にパワーアップしている。

椅子の脚による引っ掻き傷と騒音対策まとめ

[box class=”box41″ title=”ベストな対策は…”][list]

  • フェルトをアロンアルファで接着する
  • 安いし簡単でおすすめ

[/list][/box]

[tensen]

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる