BLUEZZLYオリジナルTシャツはこちら

【天気の子レビュー】新海誠監督最新作

映画レビュー

アオクマ

こんにちはアオクマ(@bluezzly)です。

先日公開されたばかりの映画「天気の子」を観てきたので感想をご紹介します。

この記事の内容
  • 「天気の子」を観た感想
  • みどころ
  • 新海誠監督の他の作品との比較

「天気の子」基本情報

アオクマ

まずは基本情報をチェック!

基本情報

タイトル 「天気の子」
公開 2019年7月19日
監督 新海誠
原作 新海誠
脚本 新海誠
制作会社 コミックス・ウェーブ・フィルム
制作国 日本
制作年 2019年
配給 東宝
上映時間 114分
音楽 RADWIMPS
主題歌 RADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」

キャスト(声優)

醍醐虎汰朗 森嶋帆高
森七菜 天野陽菜
小栗旬 須賀圭介
本田翼 夏美
倍賞千恵子 立花冨美
吉柳咲良 天野凪
平泉成 安井刑事
梶裕貴 高井刑事
神木隆之介 立花瀧
 上白石萌音 宮水三葉
 花澤香菜 カナ
 佐倉綾音 アヤネ
市ノ瀬加那 佐々木
木村良平 キムラ

概要

  「君の名は。」が歴史的な大ヒットを記録した新海誠監督が、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄されながらも自らの生き方を選択しようとする少年少女の姿を描いた長編アニメーション。

 離島から家出し、東京にやって来た高校生の帆高。

 生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく手に入れたのは、怪しげなオカルト雑誌のライターの仕事だった。

 そんな彼の今後を示唆するかのように、連日雨が振り続ける。ある日、帆高は都会の片隅で陽菜という少女に出会う。

 ある事情から小学生の弟と2人きりで暮らす彼女には、「祈る」ことで空を晴れにできる不思議な能力があり……。

 「兄に愛されすぎて困ってます」に出演した醍醐虎汰朗と「地獄少女」「Last Letter」など話題作への出演がひかえる森七菜という新鋭の2人が、帆高と陽菜の声をそれぞれ演じる。

 そのほかの出演に小栗旬、本田翼、平泉成、梶裕貴、倍賞千恵子ら。

 「君の名は。」に続いて川村元気が企画・プロデュース、田中将賀がキャラクターデザイン、ロックバンド「RADWIMPS」が音楽を担当。

 RADWIMPSが手がける主題歌には女性ボーカルとして女優の三浦透子が参加。

出典:映画.com

公式サイト

参考 天気の子天気の子公式サイト

「天気の子」の個人的評価

「天気の子」の評価
ストーリー
(3.0)
キャラクター
(3.0)
配役(声優)
(5.0)
音楽
(5.0)
映像
(5.0)
総合評価
(4.0)

アオクマ

映像の美しさとRADWIMPSの優しい歌の織りなす世界観は最高でした。

「天気の子」を観て感じた正直な感想

天気の子 積乱雲
私が2015年に撮影した積乱雲
  • 映像が超絶美しい
  • RADWIMPSの優しいメロディーが世界観とマッチしている
  • ストーリーは分かりやすい
  • 子どもたちの評価も上々
  • 大人から子どもまで楽しめる内容になっている
  • 新海誠監督にはもう一度「言の葉の庭」のような作品も作って欲しい

映像が超絶美しい

今更説明の必要もないが、映像がとても美しい。

これは映像や絵だけでも成り立つほど超一級品。

実写を超えた美しさがある。

特に新海誠監督の描く空と雨はオンリーワンでありナンバーワン。

RADWIMPSの優しいメロディーが世界観とマッチしている

音楽は前作「君の名は。」に続きRADWIMPS。

今となってはRADWIMPSを知らない人はいないぐらい超人気グループとなっている。

物語では殆どの時間が雨。

その雨とRADWIMPSの優しいメロディーが物凄く合っている。

ストーリーは分かりやすい

「君の名は。」と比べるとストーリーは分かりやすい。

「天気の子」はストーリーや設定を考察するというより、観る側がこの話をどう解釈し、何を考えるかというように、考えさせられる映画のように感じた。

途中はファンタジー感が強く「やっちまったか?」と思ったが、観終わった後は「なるほどな…面白い映画だ」と思った。

子どもたちの評価も上々

ストーリーはやや社会のダーティーな部分も描かれているため、子どもにはちょっと分からない部分もあるんじゃないかなと思う。

ただ派手で分かり易かったり、ファンタジー要素もあったりするのでその点では子供たちも楽しめている様子。

観終わった後、観客の子ども達から「面白かった」「また観たい」といった声が聞かれた。

子どもから大人まで楽しめる内容になっている

「天気の子」は幅広い世代が楽しめる内容だと感じた。

子どもにも分かりやすく楽しいストーリーでありつつ、大人にも考えさせる要素もある。

新海誠監督にはもう一度「言の葉の庭」みたいなのも作って欲しい

前作「君の名は。」と今作「天気の子」共に結構壮大なエンターテイメントといった感じ。

もちろんどちらも面白くて見ごたえがあった。

ただきっと新海誠ファンの中には私のように「言の葉の庭」が大好きという人も多いと思う。

「言の葉の庭」はファンタジー要素はないし全世代向けではないかもしれないし、「君の名は。」や「天気の子」のような壮大な話でもなく派手さもない。

しかし個人的には物凄く強烈な魅力を感じる作品。

ぜひ新海誠監督にはもう一度「言の葉の庭」のような作品も作って欲しい。

今はあまりにも新海誠監督の存在自体が大きくなり過ぎてそれが可能なのかどうかは分からないが…

まだ「言の葉の庭」を観たことがないという人にはぜひ観て欲しい。

「天気の子」まとめ

「天気の子」は…
  • 幅広い世代が楽しめる内容
  • 子ども楽しめるし大人も考えさせられる
  • 圧倒的な映像美とRADWIMPSの優しいメロディーが織りなす世界観は最高
  • 次回作も楽しみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください