質問・相談・リクエストはこちら

【音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!レビュー】テンション上げろ!

映画レビュー

アオクマ

こんにちはアオクマ(@bluezzly)です。

この記事では映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」を観た感想を紹介します。

「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」基本情報

アオクマ

まずは「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」の基本情報をチェック!

基本情報

タイトル 「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」
公開 2018年10月12日
監督 三木聡
脚本 三木聡
配給 アスミック・エース
音楽 上野耕路
主題歌1 シン※阿部サダヲ「人類滅亡の歓び」(作曲:HYDE、作詞:いしわたり淳治)
主題歌2 ふうか※吉岡里帆「体の芯からまだ燃えているんだ」(作詞作曲:あいみょん)
上映時間 107分

キャスト

阿部サダヲ シン
吉岡里帆 明日葉ふうか
千葉雄大 坂口
麻生久美子 女医
小峠英二 自滅
片山友希 伊能聖子
中村優子 木之本
池津祥子 シンの母親
森下能幸 よろこびソバのおじさん/ピザの配達員
岩松了 無料レコード社長
ふせえり デビルおばさん
田中哲司 社長
松尾スズキ ザッパおじさん

あらすじ

4オクターブの音域と驚異的な声量を持つロック歌手シンは金も女も名声も手に入れスター街道を突き進んでいるかに見えたが、実は彼の歌声は「声帯ドービング」という掟破りの方法で作られたものだった。シンの喉は長年にわたる声帯ドーピングの副作用で限界に近づいており、声が出なくなる恐怖に常に悩まされていた。そんな折、シンは歌声が小さすぎるストリートミュージシャンのふうかと出会い、その姿にかつての自分の姿を重ねるようになっていく。

出典:映画.com

公式サイト

その他詳細は公式サイトを確認。 参考 映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』公式サイト映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』公式サイト

「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」4つの見どころ

  1. ロックに疎くても楽しめる内容
  2. 阿部サダヲがカッコいい
  3. 作中の楽曲がカッコいい
  4. テンションが上がってラストは気分爽快

①ロックに疎くても楽しめる内容

ロックやメタルバリバリの内容で「自分はそういうの疎いし、観ても分からないかも…」と思っている人がいたら心配は不要。

私自身全くロックのことは分からないが全然楽しめた。

ストーリーもスピーディーな割に分かりやすいので観やすかったし、あっという間の107分間だった。

一見疲れそうな内容に思われそうだが、以外にも観終わった後疲れはなかった。

それよりも爽快感に包まれていた気がする。

②阿部サダヲがカッコいい

今までは阿部サダヲといえばややコミカルな役が多いため、面白い人という印象が強かった。

今作でもそういった印象はあったが、それ以上に歌う姿やシャウトがカッコよくて、とても輝いて見えた。

本当に良い声してる。

役者だけでなくミュージシャンとしての姿がそこにはあった。

③作中の楽曲がカッコいい

後から知ったのだが、この映画の主題歌の1つの阿部サダヲが歌う「人類滅亡の歓び」は作曲がラルクアンシエルのHYDEだ。

いや、ガチだなこれ。

どうりでカッコイイわけだ。

他の曲も初めて聞く曲なのに「あっ、いい曲!」と思えた。

しかも「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」の収録曲を集めたコンピレーションアルバム「音量を上げて聴けタコ! 〜音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」が発売されている。

確かにこれだけ良い楽曲が沢山あるのにCDとしてリリースしないのはもったいない。

これはかなり売れそうだ。

④テンションが上がってラストは気分爽快

ストーリーは浮き沈みがあり、スピーディーで最後は気分爽快になるように構成されていると感じた。

映画を観ているこっちの感情も爆発しそうな感じでとてもテンションが上がる。

個人的「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」の評価

「音タコ」の評価
ストーリー
(3.0)
キャラクター
(3.5)
配役
(5.0)
音楽
(5.0)
総合評価
(4.0)

ストーリー:3

テンポが早くスピーディーな展開。

その割に内容はスッと入ってきた。

このストーリーは好みが分かれるかもしれない。

ちなみにロックに疎くても大丈夫な内容。

私はロックには疎いが楽しめた。

キャラクター:3.5

どのキャラクターも特徴的で個性が強い。

配役:5

阿部サダヲがとってもカッコよかった。

吉岡里帆の声が小さい不思議な感じも良かった。

その他の個性的なキャラクターもとても配役が合っていたと思う。

音楽:5

音楽がとても良かった。

後から知ったが作曲にラルクアンシエルのHYDEが絡んでいたようだ。

阿部サダヲはグループ魂というバンドでヴォーカルをやっている(音楽に疎い私は知らなかった)。

どうりで上手いわけだ。めちゃくちゃカッコよかった。

吉岡里帆もはじめは「だいじょうぶなのかな?」と思ってみていたが、かわいらしく、そして最後はカッコよく歌い上げていてとても良かった。

総合評価:4

ネット上での評価はなんだかイマイチの様だが私としては期待以上に楽しめた。

スピーディーで分かりやすくはっちゃけていて気分爽快になる映画だ。

こういう映画もたまには良いと思う。

「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」まとめ

「音タコ」は…
  • スピーディーな展開
  • ロック最高
  • 阿部サダヲかっこいい
  • 吉岡里帆かわいい
  • ロックに興味がなくても楽しめる内容
  • テンションが上がる
  • 視聴後は気分爽快

「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」コンピレーションアルバム・小説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください