質問・相談・リクエストはこちら

【君の膵臓をたべたいレビュー】感動の泣ける映画

映画レビュー

アオクマ

こんにちはアオクマ(@bluezzly)です。

この記事では映画「君の膵臓をたべたい」を観た感想を書いたので良かったら見ていってください。

「君の膵臓をたべたい」概要(出演者・あらすじなど)

アオクマ

まずは「君の膵臓をたべたい」の概要をチェック!

概要

タイトル 「君の膵臓をたべたい」
公開 2017年7月27日
監督 月川翔
脚本 吉田智子
制作 神戸明
製作総指揮 山内章弘、上田太地
原作 住野よる
制作 東宝映画
音楽 松谷卓、伊藤ゴロー
主題歌 Mr.Children「himawari」
上映時間 115分

出演者

浜辺美波 山内桜良
北村匠海
大友花恋 恭子
矢本悠馬 ガム君
森下大地 栗山
上地雄輔 宮田一晴
北川景子 滝本恭子
小栗旬

あらすじ

「僕」は病院で偶然文庫本を拾う。

その文庫本はクラスメイト桜良の日記だった。

日記には桜良の秘密が書かれており、それを見た「僕」ほその秘密を知ってしまう。

「僕」と桜良はその秘密をきっかけに距離を縮めていく。

「君の膵臓をたべたい」あらすじ

公式サイト

参考 映画『君の膵臓をたべたい』オフィシャルサイト東宝

「君の膵臓をたべたい」の見どころ

  • 出演者が豪華
  • 衝撃的な展開

出演者が豪華

この映画は出演者が豪華だ。

小栗旬、北川景子、そして主題歌がMr.childrenの時点でかなり力が入れてあるのが分かる。

また、この映画を境に浜辺美波、北村匠海をテレビで良く見るようになった

恐らくこの2人の若手はこの映画をきっかけに大ブレイクしたのだろう。

芸能人や役者に疎い自分でも知っているということはかなり知名度が高いはず。

私自身この映画をきっかけに2人のファンになった。

衝撃的な展開

この映画で一番心に突き刺さった展開がある。

それはあまりにも突然だったのでとても驚いたが、きっとこの映画の中で1番届けたいメッセージが込められていたに違いない。

思い返せば伏線もあった。

アオクマ

久々に心に残る映画でした。

「君の膵臓をたべたい」感想

「君の膵臓をたべたい」は泣ける映画だ。 しかしただ泣けるだけの映画ではない。 衝撃的な展開もある。 そしてこの映画では普段忘れかけていること気付かされる。

  • 人生にはいつ何が起こるか分からない
  • そしてそれは皆平等
  • 1日の価値は一緒
  • 一瞬一瞬の大切さ

当たり前のことだが何気なく生活しているといつの間にかその意識が薄れてしまう。

この映画を観るとそういった大切なことが心に深く刻まれる。

観終わった後は必ず家族・恋人・友人との一瞬一瞬を大切に生活できるだろう。

私自身この映画をきっかけに家族との何気ない生活をよりありがたく感じるようになった。

はじめは「どうせ若者向きのありふれた恋愛映画やお涙頂戴映画なのかな」と思って映画館に向かった。

しかし観終わった後は涙が止まらなかった。

分かっているつもりでも薄れていたその事実。

それを衝撃的な展開で心に強く刻み込まれた。

それからというものの家族を送り出すときや、人と分かれるとき、とても適当な挨拶はできなくなった。

「いってらっしゃい」「また明日」 言葉は同じだがとても心を込めずにはいられない。

自然と気持ちが入る。

この映画を観て本当に良かったと思う。

心に残る映画だ。

アオクマ

普段忘れかけている大切なことを再認識させられました。

「君の膵臓をたべたい」まとめ

「君の膵臓をたべたい」は…
  • キャストが豪華
  • 泣ける
  • 衝撃的な展開あり
  • 大切なことに気付かされる
  • 大切なことを心に深く刻み込まれる
  • 観終わった後は大切な人との一何気ない日常が尊く感じる

「君の膵臓をたべたい」視聴方法(U-NEXT、Amazonプライム)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください