質問・相談・リクエストはこちら

BULL「ハーフラックBL-HR」を客観的に評価

パワーラック
https://lemon-mint.com/wp-content/uploads/2019/03/bluezzlyicon.png
アオクマ

こんにちはアオクマ(bluezzly.power)です。

BULLのハーフラックを客観的に評価してみました。

価格は相当高いのでホームジムへの導入はかなり厳しいものがありますが、とても使い易そうで魅力的なラックです。

資金に余裕がある人はぜひ検討してみて下さい。

BULLハーフラックBL-HRのスペック

商品名 「ハーフラックBL-HR」
メーカー BULL
サイズ(㎝) 幅173×奥行150×高さ233 ㎝
セーフティー内側間の幅 不明
ラックの調節間隔 8㎝
重量 210kg
耐荷重量(ラック) 不明
対応シャフト 200㎝以上
セーフティー 非貫通式
価格 (税込み)453,600円

BULLハーフラックBL-HRのアタッチメント

チンニングハンドル 標準 耐荷重量:不明
ディップスバー なし
ラットマシン なし
ウエイトスタック なし
プレートホルダー 標準 ※φ50㎜プレート用
その他アタッチメント
バーベル収納×2(オリンピックシャフト用):標準

BULLハーフラックBL-HRのおすすめポイント

  • オリンピックシャフトを2本立てて収納可能
  • プレートホルダーが標準で沢山付いている
  • プレートホルダーとラックの位置が近いのでプレートの付け替えが楽
  • ハーフラックだからオープンで圧迫感がない
  • ハーフラックだがセーフティーが長く安心
  • ラックが浅くラックアップし易い
  • カッコいい

BULLハーフラックBL-HRのマイナスポイント

  • 価格が高い

BULLハーフラックBL-HRをおすすめしたい人

  • 資金に余裕がある人
  • ジム経営者

BULLハーフラックBL-HRをおすすめしない人

  • 部屋の天井が低い人(高さ233㎝※一般的な部屋の天井の高さは240㎝)

BULLハーフラックBL-HR総評

ホームジム用というよりはジム用の価格帯のラック。

だがホームジムにも丁度良さそうなスペック。

バーベルシャフトの収納とプレートツリーが標準で付いているのはポイントが高い。

特に注目して欲しいのがセーフティーの長さ。

一般的にハーフラックはセーフティーがめちゃめちゃ短い物が多く、危険極まりない。

しかしBULLのハーフラックはセーフティーにも十分な長さがあるため、安心してトレーニングできる。※もちろん注意は必要だが

資金にさえ余裕があればとてもおすすめなラックといえる。

BULLハーフラックBL-HR購入方法


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください