BLUEZZLYオリジナルTシャツはこちら

【アリー/スター誕生レビュー】レディー・ガガ×ブラッドリー・クーパー

映画レビュー

アオクマ

こんにちはアオクマ(@bluezzly)です。

先日レディー・ガガ主演で話題の「アリー/スター誕生」を観てきました。

率直な感想としては、面白かったしめっちゃ泣いた。

そしてレディー・ガガの歌唱力に圧倒された。

「ボヘミアン・ラプソディ」も良かったし本当に音楽×映画はハズレがないなあと思いました。

今回は「アリー/スター誕生」を観た感想を書いたので良かったら見ていってください。

この記事の内容
  • 映画「アリー/スター誕生」の概要
  • 映画「アリー/スター誕生」レビュー
  • 映画「アリー/スター誕生」の見どころ

「アリー/スター誕生」基本情報

アオクマ

まずは「アリー/スター誕生」の基本情報をチェック!

基本情報

タイトル 「アリー/スター誕生」
公開 2018年12月21日
原題 A Star Is Born
監督 ブラッドリー・クーパー
制作国 アメリカ
制作年 2018年
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 136分
映倫区分 PG12
脚本 ブラッドリー・クーパー
エリック・ロス
ウィル・フェッターズ
制作
ビル・ガーパー
ジョン・ピーターズ
トッド・フィリップス
リネット・ハウエル・テイラー
制作総指揮
ラビ・メータ
ベイジル・イバニク
ニーヤ・クイケンドール
スー・クロル
マイケル・ラピーノ
ヘザー・パリー
撮影 マシュー・リバティーク
美術 カレン・マーフィ
編集 ジェイ・キャシディ
衣装 エリン・ベナッチ

キャスト(役者)

レディー・ガガ アリー
ブラッドリー・クーパー ジャクソン・メイン/ジャック
アンドリュー・ダイス・クレイ ロレンツォ
デイブ・シャペル ジョージ・”ヌードルイス”・ストーン
サム・エリオット ボビー
アンソニー・ラモス ラモン
ラフィ・ガヴロン レズ・ガヴロン
ルーカス・ネルソン&プロミス・オブ・ザ・リアル ギタリスト/ジャックのバンド

概要

歌の才能を見いだされた主人公がスターダムを駆け上がっていく姿を描き、1937年の「スタア誕生」を皮切りに、これまでも何度か映画化されてきた物語を、新たにブラッドリー・クーパー監督&レディー・ガガ主演で描く。音楽業界でスターになることを夢見ながらも、自分に自信がなく、周囲からは容姿も否定されるアリーは、小さなバーで細々と歌いながら日々を過ごしていた。そんな彼女はある日、世界的ロックスターのジャクソンに見いだされ、等身大の自分のままでショービジネスの世界に飛び込んでいくが……。世界的歌姫のガガが映画初主演でアリー役を熱演。もともとはクリント・イーストウッドが映画化する予定で進められていた企画で、「アメリカン・スナイパー」でイーストウッドとタッグを組んだクーパーが初監督作としてメガホンをとり、ジャクソン役でガガとともに主演も果たした。

出典:映画.com

公式サイト

参考 『アリー/スター誕生』映画『アリー/スター誕生』オフィシャルサイト

「アリー/スター誕生」の個人的評価

「アリー/スター誕生」の評価
ストーリー
(3.5)
キャラクター
(4.0)
配役
(5.0)
音楽
(5.0)
総合評価
(4.5)

「アリー/スター誕生」の4つの見どころ

  1. アリー(レディー・ガガ)の圧倒的歌唱力
  2. 心揺さぶる泣ける王道ストーリー
  3. ジャクソン・メイン(ブラッドリー・クーパー)が超カッコいい
  4. 夫婦愛

①アリー(レディー・ガガ)の圧倒的歌唱力

今までレディー・ガガの曲はテレビのCMで聞く程度であまり意識していなかった。

でも「アリー/スター誕生」でその歌唱力に圧倒された。

歌唱力だけでなく、今作で使用されている曲はどれも超名曲といえる。

正直歌だけでも満足できるぐらいの映画だ。

しかも映画のストーリーを背景に聴くと曲の深みが出て涙腺が崩壊する。

②心揺さぶる泣ける王道ストーリー

ストーリーは観る前にイメージしていたものと結構違った。

展開は早く、アリーは瞬く間にスターになる。

もちろんその過程も見どころや考えさせられるところは多々ある。

だが「アリー/スター誕生」は単なるサクセスストーリーでは終わらない。

むしろその後のストーリーに深いテーマが存在していた。

「アリー/スター誕生」はアリーのサクセス・ストーリーとジャクソン・メインの転落人生が描かれており、その二人が交わることで様々な問題が生じる。

ネタバレしないよう内容は伏せるが、王道ストーリーで絶対に泣ける内容になっている。

私はガッツリ泣いた。

③ジャクソン・メイン(ブラッドリー・クーパー)が超カッコいい

「アリー/スター誕生」は、アリー( レディー・ガガ )ばかりが前面に取り上げられるが、個人的にはジャクソン・メイン(ブラッドリー・クーパー)の存在が大きく感じた。

男性の私から見ても滅茶苦茶カッコいい。

そして自分を投影するとしたらジャクソン・メイン。

ジャクソン・メインはカッコいいところだけでなく、色々な問題も抱えているし、とんでもないミスも犯してしまう。

思い出しただけで切なくなるし目頭が熱くなる。

④深い愛情

「アリー/スター誕生」ではアリーとジャックが結婚する。

しかしスターダムに駆け上がるアリーとは裏腹に、スター街道から転落していくジャック。

はじめはジャックの力でスターになっていったアリーであったが、次第にジャックがアリーの足を引っ張るようになってしまう。

そしてジャックはアリーのひのき舞台で大失態をやらかし、アリーのマネジャーからは別れるように迫られてしまう。

普通なら夫に愛想を尽かしてしまいそうだが、決してアリーはジャックを見放さず深い愛情を注ぐ。

そしてジャックもアリーに対し最後まで深い愛情を注ぐ。

これには本当に純愛を感じる。

だから最後は切なくて辛くて涙が溢れてしまった。

「アリー/スター誕生」は絶対に映画館(imax )で観た方が良い

「ボヘミアン・ラプソディ」もimaxが良かったが、「アリー/スター誕生」も同様にimaxでの観賞を強くお勧めする。

やはりレディー・ガガの歌や、多数のライブ映像・音楽を楽しむためにはimax。

「アリー/スター誕生」にはimaxで観賞する価値がある。

「アリー/スター誕生」まとめ

「アリー/スター誕生」は…
  • アニー(レディー・ガガ)の圧倒的歌唱力
  • 作中の曲はどれも超名曲
  • ジャック(ブラッドリー・クーパー)が超カッコいい
  • アニーのサクセスストーリーとジャックの転落人生の交錯が織りなす王道の純愛感動ストーリー
  • 切なすぎて涙が溢れる内容
  • 絶対imaxでの鑑賞がおすすめ

「アリー/スター誕生」サウンドトラック

~CD~

 「アリー/スター誕生」のサウンドトラック。

どの曲もとても印象深く、世界中でバカ売れしている。

特におススメなのは「シャロウ」。

CMでも流れていた曲なので知っている人が多いと思うが、サビだけでなくぜひフルで聴いてほしい。

メロディも歌詞も深みがあり最高に良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください